退職時の有給消化を拒まれることはある?

退職をするときになって、有給休暇が全く消化出来ていないことに気がついたなんてケースは少なくないでしょう。

所属している企業のことを考え、真面目に働いてきた方ほどに自身のプライベートを削り、取得出来る権利を行使していないなんてことはよくあることです。

 

しかし、いざ退職時のシチュエーションを考えた場合、会社の迷惑になってしまうかも知れないという思いを抱いたり、そもそも拒否をされてしまうなんてことはないのか、という疑問を持つ方も多いことでしょう。

ここでは、退職時に有給消化を拒まれるケースはあるのかについて紹介していきます。

 

ルール上は拒むことは出来ない

まず原則として、有給消化は退職時の場合であっても、その権利を行使することは認められているということです。

条件があり、出勤率が80パーセント以上を越えているという条件さえ満たしていれば、いくら退職時であっても有給を消化出来るという権利は労働基準法によって定められています。

 

つまり、自身がどうしても行使しようとすれば、会社が拒否をしようと有給休暇を消化することは可能だということです。

通常の有給消化と同様に、勤続年数に応じて定められている有給休暇を消化することは可能ですから、しっかりと覚えておきましょう。

詳しくは、退職時に有給休暇を取ることを拒まれるのは違法を参考にしてみて下さい。

 

拒否されるケースがあるとすれば

与えられた有給休暇が消化出来ていないという現実を見れば、これまで会社のために尽くしてきたという証明でもあるでしょう。

退社をする最後くらいは、会社に甘えても良いという感覚を持ち、有給休暇を消化することをあまり重く考えない方が良いです。

 

しかしながら、唯一拒否をされるケースがあるとすれば、自身が担当していた役職や仕事について、しっかりと引き継ぎを終わらせていないというケースが挙げられるでしょう。

自身が担当している仕事などは、しっかりと後進に引き継ぎをしてから有給休暇を消化したい旨を伝えるべきですね。

 

これを実現するためには、ある程度退職までの期間を長く見積もっておくことがポイント。

自分が担当していた仕事もまったく引き継がないままに、有給休暇が認められているから消化させて頂きます。

それで退社してしまいます、では、当然に在籍していた企業から不快感を生じられるのは当然のことであり、円満退社とは程遠い空気になってしまいかねません。

 

円満退社を目指すためにも

円満退社は退社時の基本です。

それが出来ない場合には、転職時にも悪影響を及ぼすケースあるので注意をしたいところ。

 

前述にもある通り、退職の意志を示すタイミングはとっても大事になります。

タイミングに付いては、円満退社をするには退職届を提出するタイミングと理由が重要を参考にして下さい。

退職の意志を示すタイミングが実際の退社予定日と近い場合には、いくら有給休暇が余っていても、それを権利があるからといって強引に取得しようとするのは、正直オススメ出来ません。

 

当然に所属している会社に提案してみることは、問題ないでしょうが引き継ぎ等が終わってないという理由で有給の消化を拒まれた場合には、しっかりとそれが終了するまでは、有給休暇を無理やりにでも消化しようとするのは止めておきましょう。

こういった場合の有給休暇はどうなるのかという疑問が残ると思いますが、大抵の企業の場合は、給与として有給分の労働分をお金として支給してくれるパターンが多いです。

 

このように権利は認められているものの、企業の都合もそこには存在します。

後任者の補充が出来ていないだとか、丁度退社予定日が繁忙期で人手がどうしても足りないというケースもあるでしょう。

前者の場合には会社に問題があるわけですが、そこはこれまでお世話になった会社への最後のご奉公という考えを持ち、強引に消化するなんてアクションを取るのはおすすめしません。

 

こちらの記事、有給休暇を取得してから退職も参考になると思いますので、読んでみて下さい。

 

 

[良くある疑問]

サブコンテンツ

仮想通貨

転職で疲れて投資で生活したいならこちら! ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ