勤務先からの慰留行為が激しい場合はどうすれば良い?

転職を決意し転職先をリサーチして、ここだというようなターゲットをある程度に絞り込んだ。

後は在籍している会社に退職の意志表示をして円満退職をするだけという状況にも関わらず、なかなか退職することができず転職が出来ないケースが存在します。

 

それが慰留行為というものです。

慰留行為というのは、簡単に行ってしまうと、在職している企業から転職はしないでくれという要求をされる引き止め工作のことです。

 

それだけ会社から必要だとされているのは嬉しい限りと思えるかもしれませんが、新しい一歩を踏み出すのに、これほどに厄介な障害はないといえるでしょう。

ある程度の社交辞令的な慰留行為であれば、決意の強さを上手に見せれば諦めてもくれるでしょうが、あまりに激しい場合には、目指している円満退社が出来るかどうかも雲行きが怪しくなってしまい、後々に支障をきたしかねないという不安も抱いてもおかしくありません。

 

ここでは、慰留行為が激しい場合の対処方法について紹介していきましょう。

 

なぜ慰留行為が行われるのかを確かめる

慰留行為の対処方法を考えるには、まずどうして慰留行為がされるのかという原因を追求する必要があります。

考えられるパターンとしては、転職に適した人は会社から必要とされる人材でも伝えているように、あなた自身がその企業や所属している部署などから高い評価を受けており、文字通り会社として手放した場合、大きなダメージになると考えられているケースです。

 

そしてこれだけではなく、もう一つのパターンが存在します。

それは上司の立場上の問題です。

部下がどんどんと退職の意思表示をするという事態は、ある意味であなたの直属の上司の人事評価に直結する問題です。

 

監督不行き届きなのか、信頼のなさが問題なのか。

はたまた人間性や上司としての資質に問題があるのかなど色々な要因が考えられ、それが評価となりえるわけです。

引き止めたいというよりも、自分の保身のためにやめてもらっては困るということから、慰留行為を行ってくるパターンもあるということを覚えておきましょう。

 

条件改善を申し出られても残らないという強い意志を示す

優秀な人材であると評価され、慰留行為を受ける。

その上で給与面や手当面などのでの条件も見直すからという条件つきで慰留行為をされれば、残ってもいいかなという気持ちになるもの分からなくはありません。

 

しかし、一度転職を決意し退職を希望した以上、その決断をコロコロと変えるべきではないでしょう。

そもそも給料をこのくらいあげるからという甘い餌だけで、決断をコロコロと変える人材である場合、あなたはその方を信用することが出来るでしょうかという話なのです。

 

そこで留意を決断しても、給与やポジションなどの条件などで、コロコロと意見を変える人材という悪い印象は残ってしまう。

それに一度条件が改善されても、すぐにその条件に不満を抱くことは十分に考えられる事態です。

その都度慰留行為をされるとは限りませんし、不満は結局、次々と生まれてくる事になる可能性が高いですから、自身の大事な時間を無駄にしないためにも、一度決断したのであればいくら良い条件を提示されても転職の意思は固いということを示すことが、慰留行為を諦めさせるための正しいアクションといえるでしょう。

 

上司の都合による慰留行為の場合

2つ目のパターンである、あなたが退職をすることによって、上司の評価が下がる。

だからこそ、慰留行為をしつこく行ってくる場合を考えていきましょう。

 

これはあまりにも身勝手な話です。

すべて、自分の利益しか考えていないという考えが明らかに見える上司に辟易としてしまうことでしょう。

 

怒りすら覚えて感情的になってしまいそうですが、そこは円満退社のためにも、ぐっとこらえて冷静に話し合いを持つべきです。

自分の保身のことしか考えていないから、返す刀で絶対に退職しますなどと声を荒げ、強い口調などで言葉を吐き捨てるようなことはしないようにしましょう。

 

上司の立場というものもしっかりと考慮し、決断をその場で出すことはせずに「考える時間をください」とある程度のタイムラグを設けるのです。

そして数日を経てから、やはり意思は変わらないということを伝えましょう。

 

かなり迷ったことや熟慮をしたこと。

これまでにお世話になった会社への感謝。

新しい目標に対しての強い意志やチャレンジ精神などを上手に言葉にして上司に伝えるべきです。

 

ここまですれば、上司の方もここまで説得をしてもダメだったのだから、諦めざるを得ないという決断をしてくれる可能性が高くなります。

いくら言葉を見繕っても、これまでにないような優しい態度を取ってきても、結局は自分の評価を気にしての儀礼的な慰留行為です。

ですから、こちらもしっかりと割り切り、粛々とその慰留行為を躱すアクションを行っていきましょう。

 

慰留行為突破は最後の仕事

このようにしていくと慰留行為というのは、前職を退職する際の避けては通れない通過儀式ともいえるイベントのようなものです。

ですから、最後のお勤めというような感覚で、しっかりとそれに対処することも、これから転職をし新しい一歩を踏み出すために必要なイベントとは言えないでしょうか。

 

前述にある通り、慰留行為を行ってくる理由というのは、大抵の場合には、紹介した2パターンで説明をすることが出来ます。

どちらの場合でも、適切かつ冷静に対処していくことが求められるのです。

過去にも一度慰留行為に付いてお話しをしている記事がありますので、こちらの慰留(引き留め)行為を受けた場合の対処方法も参考程度に読んでみて下さい。

[良くある疑問]

サブコンテンツ

仮想通貨

転職で疲れて投資で生活したいならこちら! ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ