複数企業へ同時応募できる?

転職活動を行うことが初めての方の場合、さまざまな疑問や不安を抱えることでしょう。

数多くある疑問の中でも、多い質問としては、複数企業への同時応募をすることは可能なのかという疑問です。

 

転職希望先は、基本的に一つにしぼり、その企業の採用試験に向けてしっかりと対策を練って転職活動を行わなければならないと思っている方がいらっしゃいます。

しかしながら、結論からいえば現代の転職活動の基本というのは、複数企業への同時応募というのが基本なのです。

ここでは複数企業への同時応募について紹介していきましょう。

 

複数同時が基本

現代の転職活動では、複数企業への同時応募がむしろ基本とされています。

一つの企業に絞込、応募をした場合、もしもその企業から内定がもらえなかった場合には、また自身の条件などを満たした企業探しから始めなければならなくなり、実際に転職成功に導くまでに時間が掛かってしまうからなのです。

よって、現代での転職活動においては、複数企業への同時応募が基本になります。

ただし、個人レベルの転職活動で同時応募をしてしまうと、面接のスケジューリングなど、転職活動に掛かる労力は、一つの企業に絞った場合の応募と比べ非常に大きくなることでしょう。

 

ですから、転職エージェントなど、そういった煩わしいことを任せられるツールを使い、面接対策などに労力を使えるようにしておくことが大事なのです。

 

複数企業同時応募の際の注意点

複数企業への同時応募には、メリットもありますがデメリットも存在します。

同時応募のメリットは、数多くあるいいなと思える求人を比較検討することが出来るというもの。

 

企業規模はもちろん、勤務地や給与、他にも残業の有無などを比較することが出来るのは、メリット以外のなにものでもありません。

しかし、あまりに複数の企業を選択してしまうと余裕がなくなってしまい、1社1社の企業研究などが疎かになりがちという失敗にも陥ってしまいます。

こういったことも個人レベルであれば、この迷宮に入り込みなかなか抜け出せなくなってしまうものですが、転職エージェントなどを利用すれば、企業研究など個人レベルで綿密に行わなくても、十分に把握することが出来るのです。

 

内定が出るタイムラグを考慮

複数企業に同時応募する時の基本として、本命であればあるほどに面接などのスケジューリングは後にするというのがセオリーと言われています。

これは、本命ではない第二希望、第三希望の面接を先にすることで、本命までのリハーサルを行うというものなのです。

 

ただし、これを行ってしまうと、当然に内定のタイミングも本命ほどに後から発表されることになり、第二希望や第三希望の内定が出て結論を急かされることになります。

一旦入職しますと結論を出し、本命企業から内定をもらったのでやっぱり辞めますでは、社会人のモラルとしては、ちょっと問題があると言えるでしょう。

 

ですから、複数企業の同時応募をする際には、常識の範囲内の数に留めておき、こういった粗相をしないように気をつけたいところですね。

こういった場合でも個人レベルでは、どの程度の数の企業であれば無理なく同時応募出来るのかは、なかなか把握出来ないものですが、転職エージェントを使えば上手にスケジューリングなどを組んでくれますから、安心して活動を進めることが出来ます。

 

同時に応募しても、物理的に内定などに大きなタイムラグが出ないようにしっかりとスケジューリングしてくれますし、そうならないような面接試験の段取りも行ってくれるはずです。

複数同時応募をするのは常識ですが、考えられるトラブルもしっかりと考慮して冷静に行なっていきましょう。

 

[良くある疑問]

サブコンテンツ

仮想通貨

転職で疲れて投資で生活したいならこちら! ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ