会社説明会には参加した方が有利になる?

転職活動をしている方の中には、会社説明会に参加した方がいいのかという疑問をお持ちの方がいらっしゃると思います。

特に誰もが憧れるような大手企業や有名企業の多くは、応募者の数も多いため、説明会を行っていることが多いものです。

 

こういった大手企業などへと転職を実現させるためには、しっかりと説明会に参加をし、自分という人材を覚えてもらった方が有利に働くだろう思う方が多いのですが、実際に説明会に参加すべきなのでしょうか?

ここでは会社説明会に参加した方が、転職活動が有利に働くのか否かを紹介していきましょう。

 

選考を兼ねているのかどうかが重要

会社説明会に実際に参加をすれば、自社に対してかなり高い興味や関心を抱いてくれているという印象を抱かせたり、転職活動を真剣に行っているという印象を与えることが出来るのは事実です。

ただし、その説明会に参加をすることが、選考に必要なものであるのかどうかは、それぞれの説明会によって違っているのも覚えておきましょう。

 

ほとんどの企業の場合、採用までのフローが掲載されていることが多いもの。

各企業のリクルートページや転職エージェントなどのコンテンツにも、採用までのプロセスとしてしっかりとしたステップが記されていることが多いと言えるでしょう。

 

こういった中で明らかな選考目的の会社説明会であると読み取れるようなものであるなら、絶対に参加をするべきです。

企業説明会に参加をするだけでなく、熱心に参加している姿を見せたり、印象に残るような質問をぶつけるといったアクションを起こすことが出来れば、選考の際に有利に働く可能性は高いと言えるでしょう。

 

採用側はそこまで記憶に留めていない

前述にあるような特徴があるのも事実ですが、実際には、会社説明会に参加をした転職希望者をいちいち覚えている採用担当者は少ないと言えます。

特に会社説明会を開くような企業は大手企業や大規模な企業であることが多く、毎年沢山の希望者を相手にすることになるのです。

 

こういった場合、いちいち参加者一人一人を覚えているということは、あまり考えられないことでしょう。

最悪の場合、採用担当者が参加をしていない説明会も存在します。

企業の人事担当者はそこまで暇ではないということです。

 

会社説明会の場合、転職や就職を希望しているとはいえ、企業にとってはお客さんとして扱うことになります。

ですから、担当者が広報などの部署が担当することが多く、実際に採用に携わらないスタッフが開催して、とにかくおもてなしをするといった考えで開催されているものも少なくありません。

こういった場面でいくら自分の存在をアピールしても、選考にはまったく関わらないため、参加をする価値がない場合も多いということを覚えておきましょう。

 

ただ、態度の悪さや受ける姿勢などが悪い場合はチェックされる可能性も否定はできませんので、軽い気持ちで説明会に行くくらいなら行かない方が良いですね。

 

出来ることなら参加をすべき

選考に密接している会社説明会もあれば、まったく関わりのない会社説明会も存在しているということですが、出来ることなら会社説明会には参加をしておくべきでしょう。

自分が働く企業の内情を上辺だけでも把握することが出来るというのは、メリット以外のなにものでもないからです。

 

採用担当者が参加をするのか否かなどは別として、基本的な情報収集を目的として、会社説明会に参加をし自分が抱いた疑問をぶつけ解消してもらうことは、決して無駄な時間にはなりません。

転職を失敗したくないという考えをお持ちの方であれば、会社説明会にはなるべく参加をした方が、その確率をあげることが出来るでしょう。

 

合否を決定づけるかどうかは度外視して、自分が行きたいと思っている要素を本当に満たしている企業なのかどうかを確認する意味でも、十分に参加をする価値があるのです。

[良くある疑問]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ