慰留(引き留め)行為を受けた場合の対処方法

退職の意思表示をした後には、慰留(引き留め)行為を受けることは良くある事です。

その慰留行為をする理由は、いくつかありますが、代表的なのは2つでしょう。

 

  • 退職の意思を伝えた上司が更に上の上司へ、そのまま報告が出来ない為。
  • あなたが優秀なので手放したくない為。

 

大抵の場合は、前者の上司のメンツの問題でしょう。

上司の立場の問題

あなたが辞めたいと言って来て、それを引き留めもせずに了承をし、退職願を受理したとなると上司へ報告をする際に「引き留めもしなかったのか!?」と、上司からマイナス評価を受ける可能性があるからですね。

そうならない為に、儀式の様に慰留行為を行っているという事です。

 

こういった場合は、あなたも感情的にならずに、淡々と受け答えをしてかわすことが重要になります。

上司の立場を考えるならば「会社の意向は理解出来ましたので、一度良く考えたいのでお時間をいただけますか」と伝えて、後日に「今までお世話になった会社ですし、上司や同僚の方にも迷惑をかけることを考えると思い直したい気持ちもあるのですが、新たな挑戦を諦めたくないですし、将来の為に前進させて下さい」などと伝えて下さい。

そうなると、あなたの上司としては、ここまで考えてくれたと上へ報告も出来ますので顔が立つわけです。

その上の上司も、ここまでやってもダメだったから仕方がないだろうと、納得するという事ですね。

 

これらの慰留は、あなたの為に行われた行為ではなく、それらの上司の立場を守る為に行われた行為と言えるでしょう。

ですから、あなたも淡々とこなせば良いだけです。

すごくお世話になった上司ならともかく、ただ仕事としてのお付き合いだった上司の立場をそこまで深く考える必要もありません。

ですので、最低限の礼儀を尽くせば問題ないですね。

 

前述したように伝えてもしつこく慰留行為をされてしまう場合は、直属の上司を飛ばして更に上の上司と面談などを行い納得してもらうのが手っ取り早いかも知れません。

 

優秀な人材を手放したくない

円満退社の秘訣でも少しだけ触れていますが、最も厄介なのが「あなたが優秀なので手放したくない」という時です。

もちろん、自分のことを認めてくれているので、とても光栄なことなのですが、本気で引き留めたいと思っている訳ですから、会社としても中々諦めようとはしないはずです。

あの手この手を使って、あなたを引き留めようとして来るでしょう。

 

  • 「君がいなくなると会社が回らなくなってしまう」
  • 「君が育てて来た部下の気持ちを考えてみてくれ」
  • 「希望をする部所への異動をさせてあげる」
  • 「良いポジションを用意する」
  • 「希望の給与を与えよう」

など、あらゆる言葉を使って来ます。

 

しかし、ここで意向を曲げてしまっては、今まで苦労をして転職活動をして来た意味がまったくありませんし、これくらいで意見を変える様では転職後も不安要素がありますね。

ある意味、ここで退職を取り下げてしまう方は、転職しても結局はダメだった可能性も大いにあるということです。

そのような方は、今後転職はあまり考えないほうが良いかも知れませんね。

 

人事バカの意見としては、一度転職を決意したのですから、それなりに将来のことを考えたり目的があってのことだと思いますので、退職の意思を曲げない方が良いと思います。

会社は思い留まって欲しいと願っているので、甘い言葉を投げかけて来ますが、再度その会社へ残った場合の1年後の姿を想像してみて下さい。

あなたが転職で望んでいた将来像に近づくことが出来ていると思いますか?

そんな事はないはずです。

 

転職を決意したには、理由があるはずです。

その理由を再度認識してから、退職の意思を曲げるかどうかを決めて下さい。

  • なぜ転職を考えたのか。
  • なぜ退職を考えたのか。

よく思い返してみて下さい。

会社が良い条件を提示してきたくらいで、意見を変えることができるくらいの理由でしたか?

 

しかも、一度退職の意思表示をした会社に残ったとしても、周りからは騒がせた奴というレッテルを貼られる事は間違いありません。

思いとどまったは良いものの、結局その会社に居場所がなくなり、数カ月後に転職などというケースも良くある事です。

そうなると、転職活動も一からですから、考えものです。

 

少し冷静になって考えてみて下さい。

あなたの部下が一度辞めると言ったが、会社側として良い条件を提示した途端に退職を撤回。

その後あなたは、その部下を今までと同じように信頼して接することができると思いますか?

 

人事バカなら無理です。

一度辞めると口にした者は、思い直したとしても近い将来必ず転職を再度考える。

これは、間違いないですから^^

 

慰留行為は最後の壁

この慰留行為は、転職活動の最後の壁と捉えても良いかも知れませんね。

かなり執拗に慰留行為をしてくる会社も存在しますので、それを乗り越えてこそ転職に成功すると思い、強い意思と行動力を持って対処するようにして下さい。

 

次は、退職届を提出した後に撤回や退職日の変更をすることは出来ないというお話しをしたいと思います。

 

矢印退職届の提出後に撤回は出来ない事を認識すること

[退職マニュアル]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ