有給休暇を取得してから退職

退職をする際に知らず知らずのうちに損をしているって知っていますか?

退職の前に受け取れる物は受け取る、受けられる制度は受けるというのが基本ですが、これらは、知識があるのかないのかで、損をするのか得をするのかが決まってきます。

そんな知識がないと損をする可能性がある事のひとつが有給休暇です。

 

有給休暇は、正しくは年次有給休暇と言いますが、その目的は仕事から離れることにより心身ともに休めることにありますから、要件を満たしていれば必ず受けられる制度です。

まずは、有給休暇に付いてどの様なものなのかを解説して行きますね。

 

有給休暇の特徴

  • 連続して休暇を取っても良いですし、1日づつ別けて休暇を取っても良い。
  • 正社員に限らずに、一定条件をクリアすればアルバイトやパートでも受ける事が出来る。
  • 企業の運営を著しく妨げる状況以外であれば、自由に休暇を取れる。
  • 企業は社員の承認があれば有給休暇の5日をこえる休暇に関しては、指定しての付与が可能。
  • 消化しきれなかった有給休暇は1年のみ繰越が可能。

 

基本的には、自由に有給休暇を取る事が可能ですので、消化しきれていない日数は、退職時にまとめて取得する事が可能です。

もちろん、在職中でも年単位ごとに取得することができますが、現実問題すべてを消化しきっている企業は一握りですね。

  • 仕事が忙しすぎて取る事ができない。
  • 取れる雰囲気の会社ではない。

という、企業が多いので多くの方が退職時に繰り越されている分のみ消化するという形が一般的になっています。

 

有給休暇は誰でも取得する事が出来る訳ではなく、一定の要件を満たしている事が条件になります。

続いて、取得要件に付いてお話しをして行きたいと思います。

 

有給休暇の取得要件

  • 6ヶ月以上勤務をしていること。
  • 全勤務日の8割以上で出勤をしていること。

 

この2つが要件になります。

ですので、入社してから退職までは6ヶ月以上は働くようにしましょう。

そうする事により、少なくとも有給休暇は取得することが可能になります。

 

では、有給休暇は年間に何日取得する事が出来るのでしょうか。

6ヶ月働くことにより、最低でも10日間は有給休暇を取得する事が出来る様になります。

1年6ヶ月で11日間、2年6ヶ月で12日間、3年6ヶ月で14日間、4年6ヶ月で16日間、5年6ヶ月で18日間、6年6ヶ月で20日間、となっています。

これは年次毎に決められた日数です。

有給休暇の勤続年数別日数

最高で年間の有給休暇は、20日間で、1年間だけ次の年まで繰り越すことができるので、繰り越しを合わせると40日間となります。

 

ですので、勤続7年目以降に転職などで退職を考えた場合で、有給休暇が消化しきれずにたまっている時は、退職日前に40日間の有給休暇を取得する事が出来るのです。

この事を知らずに有給休暇の消化をしなかった場合は、無駄に1ヶ月以上も働く事になってしまいます。

 

また、大手企業だと自然とこの消化をすることが出来ますが、中小企業で経営にゆとりのない会社の場合は、かなり取り辛いという現実もあります。

無理くり取得しようとするのではなく、円満退社の秘訣でも話していますが、確りと話し合ってそれとなく権利を主張することが重要です。

決して権利主張だけを全面に出さないこと。

そんなことをしてしまうと、せっかく出来ている人脈が壊れてしまいますからね。

あくまでも円満に。

 

退職をする際には、この有給休暇に付いても考えて退職日を決めるようにしましょう。

有給休暇に付いては、有給休暇の裏ワザもあるので、参考にしてみて下さいね。

 

次は、教育訓練給付金を利用してスキルアップをする方法に付いてお話しをして行こうと思います。

 

矢印勤務1年で雇用保険の教育訓練給付金を利用し資格を取得

[退職マニュアル]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ