空気を読めたり変えることができる人材は人事が好む

採用側である企業から見て、空気を読むことが出来る人材というのは重宝される傾向が高いですね。

仕事をしていく上で、その場の空気を察知出来る人材は、やはり重宝されますし、逆に空気の読めない人材であれば、本人の仕事のみならず周囲の士気を下げてしまうといったことも起こりかねません。

 

こういったことからも、多くの企業から内定を貰いたいと思っているのであれば、空気を読める人材や、その場の空気を変えることが出来る人材を目指すことです。

空気を読める人材というのは、ただ空気を読み場違いなアクションを起こさないように黙っているというだけでは、本当の意味で空気が読める人材とは認められません。

 

例えば、職場の人員のほとんどが煮詰まり、疲れきっている所でリフレッシュさせたり、一息つくことが出来るような言動やアクションを起こすわけです。

そうすることによって、あなたの周囲がパッと明るくなり、和やかになり、やる気を出し、仕事が成功に至るための士気が上がることになる。

 

こういったムードメーカー的な人材を多くの企業は求めており、こういった資質を面接の場で見抜こうとしているのです。

 

グループ面接時にアピール

このような場の空気を変えられる人材だと思われるためには、集団面接の場面は非常にチャンスと言えるシチュエーションになります。

参加している転職希望者が緊張している中で、その場が和むような一言を発する。

 

他にも周囲の人間が驚くような発言などをして、視線を集中させる。

こういったアクションを起こせば、その場の空気が変わったということは、誰の目から見ても明らかでしょう。

 

特に周囲が緊張をしていて、ピリピリとして硬い表情をし、声を震わせながら質問に答えている中、明るく和やかな雰囲気で、その場に臨むだけで随分と空気を変えることが出来ます。

まずは集団面接の場の空気を読むことが前提になるでしょう。

間違ってはいけないことは、ただ盛り上げれば良いというわけではないということです。

 

メリハリのある人材と思わせる

企業側を採用する人材に、勤務時間中ずっと集中力を高め、ただただ業務をこなしてくれることだけを求めているわけではありません。

個人差はあるものの集中力というものは、そこまで続かないものだからです。

 

仕事中とプライベートのオンとオフを切り替えることが出来るというのは前提として、仕事中でも全力を出す時と抜く時のメリハリをつけられる人材を求めています。

この全力を出すべき時と抜く時のタイミングを正確に見抜くためには、空気を読むことが何よりも重要。

 

だからこそ、メリハリをつけられる人材であることをアピールすることで、空気を読んだり、その場の空気を変えることが出来る人材と採用側に認めさせることが出来るのです。

 

周囲を先導出来る人材だと高い評価を得られる

前述にもありますが、基本的には空気を呼んだり、変えられる人材というのは、周囲の人間をも巻き込むことが出来る人材だと判断されます。

周囲の人材をリラックスさせることが出来たり、ストレスを解消するように導くことが出来る。

 

更に落ち込んでいる人材にフォローを入れる。

やる気を出させるような雰囲気を作り出し、部下はもちろんチーム全体を良い方向に導く。

こういった人材は、どんな企業のどの部署でも必要とされるものです。

 

特に中間管理職などにこういった人材がいたり、新人研修の担当者などには打ってつけの人材と思われるでしょう。

もちろん指導力ばかりではなく、それぞれの社員のモチベーションをあげられるわけですから、数値にすることが出来ない高い貢献を企業にもたらすことになるのです。

逆に、空気の読めない人材と判断されてしまった場合には、かなり高い確率で不採用になることを覚悟しておく必要もあります。

[豆知識]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ