元勤務先の仲間とは繋がりを常に持っておくこと

転職を成功させるということは、以前まで働いていた職場を離れることでもあります。

退職するので、一緒の職場の同僚や先輩、後輩ではなくなるからといって、連絡先を完全に消去したり、関わり合いを断つようなアクションを起こしたり、急に手のひらを返したように冷たい態度を取るようなことをすることはしない方が良いでしょう。

 

転職先を見つけ、内定をもらい転職活動が成功し、その後に新しい職場で仕事を始めた場合でも、以前の職場の人間関係を断ち切るような真似はしない方が良いとされています。

これは同業他社への転職の場合はもちろん、完全な異業種転職の場合でも同様です。

 

ここでは転職活動中はもちろん、転職後でも前の職場や業界の人間関係を絶たない方が良い理由などを紹介していきましょう。

 

必ず繋がりがある

とくに地方エリアでの転職の場合、その世界は非常に狭いことが特徴です。

同業他社であれば、トップ同士や管理職などは、横の繋がりを持っているケースも少なくありません。

 

こういった場合、転職後に前職の職場の人間から、あなたの前職での上司などがあなたの話題でコミュニケーションを取るなどは、当たり前に起こりえることなのです。

前職の人間関係を大事にしていれば、実際にそういった機会があったなどの事後報告を受けることが出来ますし、その時の様子などを聞けると言ったメリットもあります。

 

転職後の上司がどのような役割を期待しているのか、その時の時点でどのような評価をしているのかなどを詳しく聞くことが出来るでしょう。

情報があれば、期待以上に努力をすることも出来ます。

評価次第では、より努力をしなければならなかったり、安心感を得たりなど出来ますから、非常に役立つ情報と言えますね。

 

人間関係をボロボロにしたり、断ち切ったり、円満退社とは程遠い振る舞いをした場合には、逆にこういった機会では前職の上司などから、あなたの悪い評判が尾ひれがついて情報提供されることになるのです。

こうなれば、せっかくの新しい職場での評価も期待出来なくなってしまうでしょう。

こういった事例は、地方ならではかも知れませんが、100%ないとは言い切れないですからね。

 

将来的にクライアントとなる可能性もある

前職の人間関係を絶たない方が良い理由はまだあります。

その1つが、将来的にクライアントになる可能性も否定はできないということです。

 

異業種でも同業他社でも、それは同じこと。

もしも関係を断ち切ってしまった場合、クライアントとして担当するのは、気まずいものでしょう。

しかしながら、逆に現在の職場からしてみると、元の職場であり、ある程度に管理職の情報なども知っていると思われることから、戦力になると考えられる可能性が高いわけです。

 

関係を続けていれば、すんなりとクライアントとして関係を築くことも出来るでしょうし、お互いに気まずさを感じることもないでしょう。

前述と同じように、このようなことが100%起こらないとは言えないですから、もしもの時のためにも完全に関係を断ち切るような行動はNGなのです。

だからこそ、円満退社が重要になってくるんです。

 

情報は武器になる

離職をすれば、守秘義務が発生することもあり、細かな企業内の情報などは外に漏らせないのは当然のことです。

ただし、個人的な情報を獲得することで、前職の企業がどのような状況であるかを予測することは可能でしょう。

 

同業他社に転職した場合、前職の人間との繋がりがあれば、業界の情報などを手に入れることは可能ですし、好調な業界であれば、それを元に商品やサービスのアイデアを練り、クライアントの1つとしてターゲットにすることも可能です。

もしも逆に不調なら、その業界の営業で現在の業界や職種がどのような影響を受けるのかを予測出来るチャンスも巡ってきます。

 

こういった生の情報が手に入りますし、これらは必ず仕事をしていく上での武器となることでしょう。

[豆知識]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ