雇用契約の確認は最重要

転職成功を実現させるために、基本的に気をつけなければならないことは、雇用契約書についての確認をするということです。

転職活動をしていて、自分が希望していた企業から内定を貰った暁には、そこで転職に成功したという安堵感から安心しきってしまい気を抜いてしまう方が多くいます。

 

しかし、最後まで油断をすることなく、雇用契約書の内容をしっかりと確認してから雇用契約を結ぶべきでしょう。

頻度という点では多くはありませんが、人材不足が深刻化しているような業界や職種では、募集要項にメリットばかりを書き連ね、肝心な雇用契約書では、採用側に有利な契約内容といったパターンも少なくありません。

 

求人票にデメリットを書き綴る企業は、正直に言って皆無です。

正直なことは評価出来ますが、実際に転職を希望している方にとっては、魅力的とは感じず、結果的に応募してくれる人材が集まらないのは当然といえるでしょう。

ですから求人票に関しては、良いことばかりを綴るというのは、半ば習慣のようなものなのです。

 

ここで気をつけるべきなのは、そういった体裁だけに流されないということ。

求人票に美味しいと思えることを書き綴るのは、詐欺でもなんでもないということを前提として覚えておくべきでしょう。

 

分からないことをそのままにしないこと

転職後にミスマッチを感じたくない場合には、雇用契約書の中で理解できないような内容があった場合は、そのままにしないことが重要です。

その中でも注意をして欲しいのは、トライアル求人といったものや、インターン転職なんていうような案件です。

 

求人のスタイルは、スタンダードな正社員求人ばかりではなく、このような様々な求人スタイルが存在します。

入職がし易い採用方法だとしても、しっかりと理解出来ていないようなものであればそういったものに手を出すということをしないように。

 

トライアル求人は、採用側からしてみると、実際に働かせてみてスキルや知識、資質や人間性といったものを確認してから採用を行うことが出来るというメリットがあります。

言葉は違えど、紹介予定派遣と何ら変わりないような求人スタイルです。

 

こういった言葉が違っていて、内容が似ているような採用スタイルもありますから、事前にしっかりと理解した上で転職活動を行うのが望ましいですね。

 

雇用期間や雇用形態に注意をする

更に注意が必要なのは、雇用形態などについてです。

大きく大別すると、時間に定めのない雇用、つまりは常用雇用というものが正社員になり、時間が定められている有期雇用が契約社員やパート、アルバイトになるということです。

 

このような違いを雇用契約書の中でしっかりと確認しておきたいところ。

契約社員であれば、何ヶ月であったり、何年何月何日から何年何月何日までといった雇用期間がしっかりと明記されているのかどうかも事前に確認をしておきましょう。

 

呼び方に関しても、準社員といったものやサポート社員、フレンド社員などのわかりづらい独自の呼び方で曖昧にしているような企業や業界もありますから注意すべきですね。

 

就業時間や残業、給与について

ある意味で前述のものよりも最重要とされているのが、就業時間の設定や残業について。

そして賃金についてなどの要素でしょう。

 

通常の勤務時間の会社もあれば、フレックスタイム制、みなし労働などを導入しているような企業も存在します。

こういった場合、残業をしても思ったように残業代が給与にプラスされていない場合もありますから、事前にどのような残業計算になるのかを覚えておきましょう。

 

他にもそれぞれの勤務地によって、最低賃金というものが設定されており、それ以下の賃金では労働者を雇えないようになっていますから、それらも確認しておきたい所です。

 

転職活動は、雇用契約の内容にまで目を通すようにして、最後の最後まで気を抜かずに活動を終えて下さい。

最後の小さなミスが大きな失敗へと繋がる可能性も無きにしもあらずです。

 

[豆知識]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ