企業から求められる人材は多くの企業から求められる

求職者の中には、最初の求職活動から内定を貰い、以降も求職活動をするたびに内定を貰えるという人材もいれば、どこの企業にもまるで引っかからないという人材が存在しています。

採用されやすい人材というのは、どのような企業へと転職活動をしても採用されるものなのです。

 

こういった採用されやすい方の特徴というのは、やはりどの企業からも欲しいと思われる要素を持っているもの。

あなたがもしも求職者の立場であるならば、出来ればこのような採用されやすい側に立ちたいと思うのは当然でしょう。

 

同じことを同じように面接の場で語っているようでも、例えば、その方のスタンスの違いによって、採用側が受け取る印象というのはまるで違っていることがあります。

ありのままの自分を隠さずにさらけ出して面接に臨む方と、面接用の自分というものを作って面接に臨むという場合は、まったく違って見えるものです。

 

このように同じ内容の志望動機や転職理由を語った場合でも、どのような気持ちで臨むかによって、まったく印象が違って見えることになります。

採用されやすい人材の特徴としては、職歴や面接時の態度や受け答え方。

他にもそれぞれの方が持っている雰囲気も大きな要素になってきます。

 

職歴は企業規模で考える

好まれる職歴は、大手企業と中小企業など企業規模によって変わってきます。

大手は人事担当者が存在し、大量の求職者の職務経歴書を審査しなければなりません。

じっくりと時間を掛けている暇はなく、パッと見の見た目のデザインで目に留まるかどうかが重要な鍵になってきます。

 

逆に中小企業の場合、人事担当者はほぼ存在せず、その企業の社長自らが目を通したり、部署の責任者などある程度の地位にいる方が選考をすることが多いのです。

結果見た目よりも、内容重視であり、内容が詰まっているような職歴であれば、好まれる傾向が高いという違いがあります。

 

雰囲気も大きな要因

面接時の雰囲気や態度といったものでも、採用されやすい人材であるのかどうかを左右することになります。

大事なのは第一印象であり、いくら学歴や職歴といった要素が整っていても、暗い雰囲気であったり、自信を感じられないような印象を受けた場合には、採用されることはないのです。

 

第一印象は、最初の3秒程度で決まるとされています。

つまりノックをして着席をするまでの所作などで、もうすでに印象は決定付けられていることが多いのです。

採用されやすい雰囲気というのは、やはり明るく爽やかな印象を持っている人材です。

 

明るい雰囲気を持った人材がいれば、職場が明るくなることはもちろん、そこに人が集まる傾向があるからです。

顧客はもちろんチームワークも生みやすい。

更に素直で実直という印象をプラスできれば、欲しい人材と思われる可能性は格段に上がることでしょう。

 

頭の回転の早さ

面接時の受け答えとして注意をすべきは、質問されたことにしっかりと応えることが重要になります。

自己アピールの絶好の場だとして、聞かれてもいないことを答えていると、印象は悪くなります。

 

採用側からしてみると、こちらの質問の意図を理解できていないのではないかと思われるからです。

これは仕事の面でも、上司の要求に対してそれを理解することが出来ず、失敗をしてしまう人材だと判断されますから、印象が悪くなることでしょう。

 

ですから相手から出た質問にのみ応えることが重要です。

一つ一つの質問に対して、丁寧に答えを返し、その上で長すぎず短すぎない簡潔な受け答えが望まれます。

要は、頭の回転の早さが鍵になります。

 

業界や職種によって、必ず出てくる鉄板の質問などが存在しますから、事前に情報収集をして答えを用意し、自分だけの言葉で答えられるように準備をすることも大事になるでしょう。

[豆知識]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ