ゴールは転職成功ではない

せっかく一生懸命に転職活動をして、希望の企業に転職を成功させることが出来ても、入職後にミスマッチを感じたり、不満や不平を重ねた挙句、離職をしてしまうといったケースは少なくありません。

こういった方たちの多くは、ある共通点を持っているものです。

それは転職成功=ゴールだと思っていること。

 

転職活動を一生懸命に頑張り対策をし、とにかく転職成功をすることだけを目的にしてしまっている。

だからこそ、いざ入職をして仕事を始めても、やる気が起こらなかったり、思ったようなやりがいを感じることが出来なかったりミスマッチが起きるのです。

 

給与アップや勤務時間の自由度。

他にも残業時間の少なさや休日の消化率といったいわゆる条件面ばかりを優先して転職先を決めたり、ブランド企業だからなんとかして転職したいといった思いを持っていると、転職後に失敗をする可能性が高くなってしまうのです。

 

転職成功後に何をするのか。

これをまずは転職活動前に決定しておく必要があります。

  • その企業で何に携わりたいのか。
  • どういった業務をしたいのか。
  • どのようなスキルを身に付けたいのか。

この様なことですね。

 

これを決めておくということは、転職先企業の雇用条件などとは関係なく、あなたが転職をする上で何がしたいのかを明確にすることができ、転職自体ではなく転職後の仕事に対して目的を設定することができるようになります。

 

企業に完璧を求めることは無駄でしかない

どういった目的で転職希望先を決めたのかは人それぞれ違っているでしょうけど、何でもかんでも完璧な企業を望んではいけません。

なぜなら、会社に完璧を求めず自分の成長でカバーするでも言っているように、完璧な企業など存在しないからです。

現在勤めている企業も完璧ではないから、あなたも転職を考えるのでしょう。

 

もし、あなたが退職した後には、その後任として誰かが転職してくるはずです。

その後任の転職者は、あなたの元職場に完璧を求めてきているかも知れません。

あなたも同じで、違う企業へ転職をしてその企業へ完璧を求めています。

でも、あなたは元職場が完璧ではないことを知っています。

実は転職は、この繰り返しなんですよね。

 

要は、求人を出すということは必ず転職者が出ているということであり、その転職者は違う企業へ完璧を求めて転職していったかも知れないということですね。

ですから、完璧を求めるのであれば、あなたが完璧な企業を作るしかないということ。

 

転職して企業が変わり環境や状況は変わっても、完璧ではない。

企業にばかり完璧を求めていると、いつまで経っても満足が行かずに転職を繰り返してしまうことにもなってしまいます。

 

理想ばかりを追いかける転職者

転職後に失敗をしてしまう方の多くは、転職を目的としゴールに設定していることが多いという話を冒頭でしました。

こういった方を更に突き詰めていくと、転職理由が前職の不満など、ネガティブなものが多かったり、より高い条件だけを求めて転職を決意するという方が多いですね。

 

例えば、全ての条件が高いレベルで備わっている大手企業に在籍しているにも関わらず、あら探しのように不満を無理矢理見つけて、他社ではもっと好条件なのではないかと転職を希望する。

給与面や仕事のレベルなどは申し分ないにも関わらず、もっと自由で風通しの良い企業を求めたり、ダイレクトに顧客と関われるような仕事をしたいといったような理想から転職を選択してしまう。

 

転職をすれば、自身が想像する企業像ですべて理想の条件が整った状態で仕事が出来ると勘違いしてしまうのです。

結果、大手(今までいた企業)の方が専門性の高い仕事ができ、給与もよく休日の消化や残業も少なかった、ということに気が付き後悔する。

そして、再度転職にチャレンジするのです。

 

これも転職に理想を持ち、最初から転職成功をゴールにしていたからこそ起こった顛末と言えるでしょう。

もちろんこういった方は、転職をした後にどういった仕事をしたいのかまで想像が出来ていませんし、勝手な自分の想像だけで入念なリサーチをしていなかったからこそ起こった事態ですね。

 

じっくり長い目で貢献する

前述までのような失敗をしないためには、理想や想像だけで企業像を創りだすのではなく、実際に企業リサーチを行い自分が転職した際にどういったことができるのか、やりがいを感じることができる企業なのかを判断することが必要になります。

 

また、転職後には、転職条件をクリアし業界や職種の経験があって実績がいくらあったとしても、自身が新入社員であるかのような真摯な態度で仕事に取り組むことが大事です。

早く新しい職場に慣れ、どういった企業カラーを持っているのかを、転職前にリサーチした結果と実際に肌で感じている現在とで冷静に分析しましょう。

 

企業の風土によって意見は別れるところではありますが、とりわけ日本企業では長く働き長期間に渡り貢献することを望まれていることが多いので、早期退職が最も敬遠されます。

もちろん早目に結果を出すことができれば言うことはないですが、早期に結果が出なかったとしても焦る必要はありません。

 

小さなもので良いですから細かく目標を設定して、確実にそれらをクリアして行き、的確に業務を遂行していきます。

その積み重ねが、あなたの土台を作って行くことになるでしょう。

 

恋愛でも仕事でもターニングポイントというのは、3の周期で決定されることが多いとされています。

3日坊主や3日天下と言った言葉がある通り、3日、3週間、3ヶ月、3年、6年、・・・30年と。

この周期で、小さな目標で良いですから設定して、着実にクリアして行けば良いのです。

 

どんなにマッチングしていない企業であっても3日、3週間、3ヶ月、3年と続けているうちに必ずマッチしてくるものです。

最初は無理をしてでも継続することを念頭に置いて仕事に取り組んでみて下さい。

そして、この継続こそがゴールであり目標でもあるので、決して転職の成功がゴールだとは考えないことです。

 

[豆知識]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ