現在では動ける管理者が求められる

一般的に企業へと就職した場合、キャリアップの過程として管理職を望むというのは当然と言えるでしょう。

管理職を希望する方向けの求人というものも、非常に豊富に存在している状況ですから、転職案件を見つけることは比較的に容易に行うことが出来ます。

 

ただし、求人がすんなりと見つかったからといって、転職成功に導くことが出来るのかといえば、そうとは限りません。

それぞれの企業によって、管理職に求められるものは違っていますが、共通点もしっかりと存在しています。

現在の管理職に求められるものの筆頭が動ける管理職であることです。

 

これまでの管理職といえば、自分のデスクにデンと腰をおろし、ああでもないこうでもないと部下にお説教を垂れたりするというイメージが強いのではないでしょうか。

逆に役員などのご機嫌さえとっておけば、実際の現場での仕事は、特に自らが動く必要はないと考えている方が多いものです。

 

しかしながら、以前までのイメージでは、まったく通用しませんし、そういった考え方を持っている方の場合には、転職成功に導くことは出来ません。

これは時代の変化により、当然に変化している若い年代の特徴の変化にもリンクしているのです。

これに対応出来る管理職としての資質を持った人材が、ハイクラス求人と呼ばれる管理職の求人と巡り合うことが出来るでしょう。

 

言動よりも行動で説得力を示す

これまでの管理職といえば、口を出すだけで、自らは何もしないため、実際に仕事が出来るのかどうかという疑問を抱かれていたものです。

こういった不満は以前からあったものの、過去の実績があったからこそ、それを口にすることはなく管理職のいうことを聞いていました。

 

しかしながら、現在の若い年代は、こういったことでは納得をしませんし、言葉だけでは信頼や尊敬というものを持ちはしないのです。

ですから、例えば指導をする場合に、言葉だけではなくやって見せることで納得をさせます。

 

こうして実力を示し、部下の信頼や尊敬を獲得していくことで、初めて管理職が示した目標を達成しようと頑張ったり、指摘などを素直に受け入れるといったアクションを起こしてくれるようになるのです。

 

リーダーシップも行動で示す

管理職に求められるのは、リーダーシップです。

リーダーシップとは、簡単に言ってしまうと周囲の方を巻き込んで、先導していく力になります。

 

当然に目標というものがあり、それらを達成するために、部下となっている人材を巻き込み先導をしていく。

この場合でも、リーダーである管理職が目標達成のために、自らが率先して行動を起こせなければ周囲はついてきません。

 

これまでのように横から口だけを出し、自分は毎晩のように付き合いだからとより上級職や取引先と飲み歩くなんてことをしている。

これでは現在の若者はついていこうとは思わないですし、巻き込まれたいとも思ってくれないのです。

 

スキルと知識が前提

前述までにあるように行動を起こせて動ける管理職が、現在の転職市場では非常に需要が高くなっています。

これを実現させるためには、それぞれの業界や職種においての確かな知識であり、スキルを持つことと言えるでしょう。

 

これがベースにないと、周囲の方がリーダーとは認めてくれないものなのです。

ただただクリティカルさが求められてきた、これまでの管理職とは違い現在の管理職には、確かな裏付けとなる知識とスキルがあり、自らがそれを示すことが求められているのです。

 

口よりも動くこと。

態度で示せる管理職が何よりも求められている管理職像であることを覚えておきましょう。

だからこそ、管理職では、向上心を失わず、努力し続けることも求められているのです。

[豆知識]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ