転職を繰り返す行為は赤信号を渡るようなもの

外資系に憧れを持っているのか勘違いをしているのか、とにかく転職を繰り返すことこそが正義のように思っている方がいらっしゃいます。

参考記事はこちら、欧米と日本の転職の大きな違い

しかしながら、正直言って、転職を繰り返すというアクションは、赤信号で横断歩道を渡るような行為なのです。

 

つまりは非常に危険であり、いつか事故に遭ってしまうような行為になります。

キャリアップが出来たり、給与などの条件面が向上する。

もしくは、やりがいなどが増えるというのであれば問題はないでしょう。

そういった方は、転職をするだけの実力があるということですから、同じようなことをやっているようでも、実はそれは青信号を渡っているのです。

 

しかし、単純に在籍している企業への不平や不満を募らせるだけで、とにかくやっていられないという思考で短期間に転職を繰り返している方は、例外なく非常に危険です。

事実として、転職をするたびに勤務時間が増え、給与が落ち、どんどんとルーティン仕事になっていくという方も珍しくありません。

これでは、一体何のために転職をしたのかと問いたくなります。

 

転職を決意するタイミングや理由は、それぞれの方の価値観や状況によって様々でしょう。

ただし、そんな気軽に職を変えるというのは、やはりお勧め出来るものではないのです。

 

自分にとって外す事が出来ない条件

転職を繰り返す理由は様々でしょう。

しかしながら、とどのつまり現職に対して不満を高く抱え込んでいるからにほかなりません。

 

  • もっとやりがいのある仕事がしたい。
  • こんなに利益を上げているのに、給与や役職などにそれが反映されない。
  • パワハラやモラハラが日常茶飯事であり、人間関係があり得ないくらいに悪い。
  • サービス残業は当たり前であり、明らかに労働基準法違反を犯しているようなブラック企業。

などなど。

 

こういった不満をあげるとキリがありません。

そして、このような不満はどこの企業でも必ずどれかは抱えているはずです。

 

ということは、労働者側には何かしらの妥協が求められることになります。

その妥協がどこまで出来るのかよりも、自分にとって絶対に外す事が出来ない条件は、どんなことなのかを最初にはっきりと決めておくべきなのです。

 

現在のポジションを確認しておく

  • 企業に対して、自身の要求を言えるくらいに貢献をしている人材なのかどうか。
  • より高い待遇面や条件を求められるような実績を残しているのか。

こういったことは、転職を希望する前に確認をしておきましょう。

 

自分がこれらを要求出来るくらいに企業に対しての貢献度が無い限り、待遇面やキャリアアップを実現出来る転職は実現出来ません。

ですから、しっかりと自身が業界や職種といったものにおいて、

  • どの程度のポジションにいるのか。
  • どのくらいの評価を受けられるほどの実績や経験があるのかどうか。

は、正確に把握しておくべきでしょう。

 

どんな業界や職種であっても、本当に仕事ができ企業に欠かせない人材といえるくらいの評価を受けていれば、同業他社を中心として噂が確実に広がります。

するとそんなに優秀な人材ならばと、こちらが転職を考えるまでもなく、ヘッドハンティングの誘いがあるはずなのです。

それがない以上、現職の評価はもちろん、業界内でも大した評価は受けられない程度のポジションにいるという冷静な判断が必要になりますね。

 

個人の利益ばかりを追求しない

企業という運命共同体にいる以上、協調性は必要です。

また職場やその環境に適応することは、非常に重要な要素と言えるでしょう。

 

確かに給与や待遇面に不満はあるかもしれませんが、周囲の同僚がどのような考えを持っているのか、上司や部下はどのような考えであるのかを確認することは大事なことです。

現在の評価でも十分だと上司が思っているのであれば、部下の立場であるあなたが文句を言う立場ではないでしょう。

職場の体質やカラーに合わせることも、社会人として生きていくためには絶対に必要な能力です。

 

それが耐えられないのであれば、理想とする企業を自身が独立し起業するほか道は残されていません。

人事バカ的には、終身雇用がなくなりリストラが横行する現在では、そういった考えもありだとは思いますけどね。

 

自分を持ち判断すること

これらのことを踏まえて、自分には転職が必要なのかどうかを判断することをお勧めします。

間違っても多くの求人が出ているから大丈夫だろうと、気軽に退職をしてしまわないことです。

良く考え検討してから行動を起こすこと。

 

また、転職を迷っている方は、在職しながら転職活動を行い自分が今どの程度のレベルなのかを確認してみるのも良いでしょう。

自己分析、履歴書や職務経歴書の作成、書類審査、面接と経験することによって、あなた自身がどのくらいの社会的地位、市場価値があるのかが明確になってくるはずです。

価値が低ければ面接で(考えが甘い、逃げているだけなど)ボロクソに言われてしまう可能性もありますが・・・

それもまた、良い経験になるでしょうけど。

 

転職を繰り返す赤信号を堂々と渡るような軽率な行為はせずに、確りと自分を持ち判断するようにしましょう。

転職回数が多いと不利になるでも、転職回数に付いては詳しくお話しをしていますので、参考にしてみて下さい。

 

[豆知識]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ