企業リサーチは当たり前

転職を成功させたいと思っている場合には、様々なことに気をつけなければなりません。

いろいろな準備を行い、対策などを立て、万全の状態で臨む事ができれば、かなり高い確率で転職を成功させることが出来るでしょう。

 

転職に必要な書類作成や面接対策を行うためというのはもちろん、応募先を決定するためにも企業リサーチを行うことは、現代のような情報が得られやすい環境では、当たり前のこととして行なっていく必要があります。

 

スタンダートな企業のリサーチ方法は、転職希望先企業のホームページを訪れて、隅々までコンテンツをチェックするのが現在のスタンダードな企業リサーチ方法ですが、それだけでは不十分です。

時にリクルートコンテンツの情報だけを閲覧して、分かった気になっている方も見かけますが、そればかりではなく、クライアント向けのコンテンツや消費者向けのコンテンツにも目を通すようにしましょう。

 

他にも求人媒体に出ている場合には、目を通してみるのも、1つの方法になります。

特に大手などを転職先としてターゲットにしている場合には、求人媒体などで特集をされていることも多いですから、企業リサーチの重要なソースになる可能性も高いです。

 

近年流行なSNSを使う

近年では、就活生を中心として、SNSを使った情報収集がスタンダード化しています。

特にFacebookに関しては、大手から中小企業、更には有名ブランド企業などまで様々な会社が利用しています。

 

企業イメージやブランドイメージの向上や、購買意欲促進などの目的で運用していることが多いですが、現在進行中のプロジェクトなど、転職活動において役立つ情報収集のソースになりえます。

Facebookの他にもLINEやTwitter、YouTubeといったSNSを利用しているユーザーが多いことから、各企業もこういったものを利用して情報を発信していることが多いのです。

 

他にも希望転職先に在籍している社員が会社の内情などを赤裸々に綴っているブログや、実際に転職試験や就職試験を受けた方がその内容などを報告するといった情報拡散のツールとしても役立ちます。

 

サービス系や販売系の企業なら

サービス系の企業や、販売職などの場合には、前述のようなインターネットを利用した企業リサーチも良いですが、もしも実際に店舗があれば、それを利用してみて自分の肌で感じてみるのが一番の方法でしょう。

実際に職場となる場所に訪れれば、どのような職場環境であるのか、雰囲気があるのかなどを把握することが出来ます。

 

まさに求人雑誌や企業広告、ホームページなどには掲載されることがない情報になりますし、何よりも自分の価値観で判断することが出来ますから、確実性は高いといえるでしょう。

現場がどのようなものなのか。

それを統括している人物はどのような振る舞いをしているのか。

実際に働く時に重要視される企業情報をリサーチすることが出来ます。

 

オフィス系の職種なら

一方でオフィス系の職種の場合、実際にオフィスを訪れるなんてことは不可能です。

それではどうするのかというと、オフィスビルなどの前に趣き、出退勤の様子をチェックしましょう。

 

明らかに疲れているような状態が多かったり、暗い表情や足取りが重そうな社員が多いのであれば、やはり劣悪な労働環境であることが予測出来ます。

実際にオフィスに入る時の様子を見ていれば、労働環境や人間関係の良好さなどはある程度に予測出来るものです。

 

他にも前述のSNSなどを利用すれば、その職場で働いていたというOBの方とつながることも可能です。

こういった方とつながることができれば、メールやSNSを介して話を聞くことも可能でしょう。

相手の性格や人間性などを加味したければ、オフ会を開いたりし、OB面会などの機会を持つことも、効果的な企業リサーチ方法といえるでしょう。

 

また、会社説明会などが開かれている場合は、表向きのものでしかありませんが、内情も知ることはできますし、その企業が講習やセミナーなどを開催している場合は、そういったものに参加してみるのも良いですね。

 

[豆知識]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ