コミュニケーション能力のスペックアップは重要

求人情報の応募条件に、コミュニケーションスキルの高い方というような文言が付いているのを、転職活動を行なったことがある方なら見たことがあるのではないでしょうか。

それほどにコミュニケーションスキルは、多くの業界や職種において、必要とされる条件であるということです。

 

ただしこのコミュニケーションスキルは、事後判断をされることが多いものです。

成功をすれば、コミュニケーションスキルが高いと言えますし、失敗すればコミュニケーションスキル不足と判断されることになります。

コミュニケーションスキルは、結果論に左右されるということはしっかりと覚えておくべきでしょう。

 

これらを前提とするなら、転職活動を行なっていく際に、コミュニケーションスキルの高さをアピールする要素というのは、過去の経験であり、しかも成功談がコミュニケーションスキルの評価になるということになります。

 

あらゆる職種のベース

コミュニケーション能力は、あらゆる職種における最もベーシックになる能力と言えるでしょう。

何をするにも一人だけでは、成果をあげることが出来ません。

 

多くの職種は、様々な人と関わり合い、利益や成果をあげていくのは当然ですよね。

例えば、芸術家やミュージシャンといった職業であっても、たった一人で仕事をすることは出来ないのです。

 

絵画であろうと、音楽であろうと確かにクリエイトするのは、本人ですがそれを録音したり、宣伝したり、販売するといった多くの人間が関わって初めて成果が生まれるのです。

つまりたった一人で仕事をしているような職業であったとしても、一人で成果をあげることが出来ないことを意味しています。

 

ですから、どんな仕事で転職を目指す場合でも、全ての仕事のベースとなるスキルであるコミュニケーション能力は不可欠なのです。

 

ビジネスで求められるコミュニケーションとは

コミュニケーションというものは、単純に言葉でのやり取りだけを指すものではありません。

細かく分けると5段階に分けられており、それぞれの心理階層まで上手に使い分けられる人材こそ、コミュニケーション能力のスペックが十分に身についていると判断されます。

 

特に管理職やマネージャーといった上級ポジションに就くためには、このコミュニケーション能力のスペックがどれほどに高いのかで評価をされます。

表面的に会話でやり取りされる情報の意味を的確に伝えたり、その事実を明確化するといったものは、この心理階層も最も浅い段階に位置しているものです。

これは一般的には、5W1Hといったものを使って会話をすることで十分に実現出来るコミュニケーションと言えるでしょう。

 

前述にあるような上級職種の場合、ただ指示や命令を出したり、「ほうれんそう」と言われている報告・連絡・相談をするとかさせるといったことではなく、その先にある心の部分と関わりあえるコミュニケーション能力があるかを判断されます。

 

より有利な転職をするにはスペックアップ

前述までにあるように、ただ指示をして言うことを聞かせたり、業務内容を的確に伝えるというコミュニケーション能力は、コミュニケーション能力の中でも非常に表面的な当たり前に身に着けておくべきものだと言えます。

この段階で満足せず、コミュニケーション能力のスペックアップをしなければ、管理職などの上級職種に就くことは難しいと言えるでしょう。

 

そこで必要になってくる次の段階のコミュニケーション能力というのは、自己開示と表現力になります。

表現力は分かると思いますが、自己開示とは、プライベートなどに関わる深い情報の共有が出来るかどうかです。

このコミュニケーション能力を身につけることで、転職活動の際でもかなり高いコミュニケーション能力を有していると評価されることになります。

[豆知識]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ