企業が求める人材は規模やステージで変わる

企業規模やその企業が今現在置かれている企業ステージが、どこにあるのかをリサーチすることは、転職成功にあたり非常に重要なポイントになります。

というのも、こういったものの違いによって、それぞれの企業が求める人材像には違いがあるからなのです。

企業のステージに付いては、転職をする企業の成長ステージで企業を見極めるで詳しく説明しています。

 

例えば、企業ステージが低く、経営が傾き掛けているような企業の場合、右も左も分からない業界未経験者の転職希望者を採用するでしょうか。

こういったステージにいる企業であれば、業界経験が豊富でありながら、流行などの変化に敏感であり、先を見通すことが出来るような人材を求めることでしょう。

 

他にも中小企業の場合には、経営的にも厳しく、その上で少数精鋭といったスタイルで会社を運営していることが多いものです。

企業に余裕があったり、生命力があれば、未経験者の新戦力を自社で育てようという気にもなりますが、基本的には完成品といえるような人材を求める傾向が強いでしょう。

 

このように転職希望先の企業の企業規模や、企業ステージの違いによって、求められる人材はコロコロと変化をするものです。

しっかりと事前に企業の規模やステージをリサーチし、それにマッチした人材であることをアピールして行くこととが求められます。

 

企業ステージとは

企業規模はある程度に把握している方は多いでしょうが、企業ステージはその内情などを把握できていないと、判断することが難しいものです。

しかしながら、一般的に公表されているデータを見て、その企業ステージを判断することは可能と言えます。

株式上場している企業であれば企業情報は豊富に出ていますね。

株をやられている方などは、ファンダメンタルズなどで利用しているはずです。

 

企業ステージは大きく分けて4つ存在します。

売上規模が2億円に届かず、従業員数も1名から10名といった企業はアーリーステージと判断され、創業がまだ間もない状況であり、企業に必要な人材や実績、ブランド力などがまったく成立していない状況です。

こういった企業では、未経験者でも一緒に成長していこうという前向きな思考を持っていることが多いですから、異業種転職などがオススメ出来ます。

 

更に2億円から5億円で20名前後の従業員数を誇る企業はミドルステージとされ、5億以上20億未満はレイターステージとされているのです。

メガステージとされているのが売上規模が500億円以上で従業員数が300名以上といった条件が設定されており、それぞれに求められる人材は違ってきます。

 

自分を知ることが前提

企業の成長期や拡大期といったステージの違いによって、求められる人材は違ってきますが、それを把握しても、自身がどの程度の人材であるのかを把握していなければ、マッチしたステージの企業かどうかはわかりません。

 

最初に自分自身がどの程度のポジションにいるのかを把握しておきましょう。

その上で希望する企業ステージをリサーチし、自分がマッチした人材であるかどうかを検討します。

もしもそれで自身のスキルや知識、経験では物足りないといった要素が出てきたのであれば諦めるのではなく、それを埋める努力を行うべきなのです。

 

成功にはタイミングが重要

誰もが憧れる有名企業や敷居が高いと思われる企業などであっても、新しい方向へと視点を切り替えた時などの転換期などでは、あなたのスキルや経験といったものに白羽の矢が立てられることもあるのです。

つまりは、転職成功に導くために大きなカギとなっているのは、そのタイミングといえるでしょう。

 

だからこそ現在、成長期にあるのか、拡大期にあるのか、停滞期にあるのかなどの企業の健康状態やステージを把握することによって、最もベストな転職タイミングを掴むことが可能になるのです。

人との関わりと同じで病気の時に誘われても、嬉しくもなんともありませんし、邪魔なだけですよね。

企業も同様で、その健康状態によって、欲するものは違ってくるといえるのです。

[豆知識]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ