本当に転職率が高い企業は避けるべきなのか

転職活動を行う場合、希望転職先はどのように決定しているでしょうか。

それぞれに条件があり、それが給与のアップであったり、勤務時間の短縮、残業がない、休日数、有給休暇の消化率の高い企業といったものが挙げられます。

 

ただし、後悔しない転職実現をしたいと思っているのであれば、一般的に求人情報で出されている内容だけでは、判断をすることが難しいでしょう。

企業の人間関係や、内部の詳しい情報、企業内の実際のカラーといったものは、求人情報には掲載されませんし、それぞれの転職希望者によって、感じる部分は違うからなのです。

 

それではこういった情報をどうやって読み解けばいいのかというと、それは転職率が参考になります。

転職率とは、入れ替わりが激しい企業のことを指します。

つまり、何かしらの不平や不満を抱えてしまう可能性が高い企業であることを意味しているのです。

 

企業規模で判断しない

実は転職率の高い企業の多くは、誰もが知っている有名企業であったり、規模の大きな企業なのです。

もちろん従業員の絶対数が違いますから、人材の出入りが激しくなるのは、仕方のないことかもしれません。

 

ただし有名だから、給与や勤務時間の条件面から、人間関係までパーフェクトという風に思い込まない方が良いのです。

近年では、大手企業や有名企業がブラック企業であるというように、これまでには一般的に知られなかった情報が報道されています。

 

大手や有名企業の実情が分かったわけですが、転職率が高い企業には、やはり何かしらの問題があると考えた方が無難でしょう。

 

企業ごとの転職率の前に

一概に企業毎の転職率を参考にするのは、少し乱暴と言えます。

なぜならば、転職が当然であるという特殊な業界もあるからです。

 

例えば、金融業界などでは、転職を繰り返すことでキャリアップを図るというのが、一般的な世界ですから、転職率が高い=問題のある企業とは言えないのです。

他にも医療業界なども転職は当たり前の世界ですから、転職率が高いからといって、イコール問題企業と単純に判断しないほうがよいでしょう。

 

逆に定着率が高い職種であるにも関わらず、転職率の高い企業である場合、それは警戒すべき転職先になります。

ただ、企業規模が大きい場合、経営陣の交代や景気などの影響によって、人材の入れ替えなどが行われることも頭に入れておきたい所です。

 

転職率が高い企業を見分ける方法ですが、近年では転職エージェントが内情を把握していますし、そういったものに登録をしなくても、インターネット上で各業界の企業データを公開しているものも存在します。

こういったものを参考にすれば、企業の平均年収から平均年齢、転職率まで細かな情報を把握することが可能です。

 

他にも現役で希望先企業で働いている方が内情を情報提供しているコンテンツなども多いですから、参考にしてみるとよいでしょう。

 

どうやって見分けるのか

転職率が高い=問題が多い企業というのは、ある意味で正解で、ある意味では不正解というのは、前述までを見ていただければ把握できたと思います。

それでは、どうやって見分ければいいのかというと、転職率と共に、人材募集を頻度よく行なっている企業です。

 

転職率が高くても、実際に良質な企業というのは、そこまで頻繁に人材募集をかけていません。

頻繁に募集求人を出している企業は、やはり人材を補充しても、すぐに離職されてしまっている可能性が高いため、いつも当たり前のように人材の補充のための求人を公開しているものなのです。

 

ただし前述にもある通り、離職率の高い職業は、確実に存在します。

こういった場合には、その業界のどの企業でも求人募集の頻度が高いため、あまり参考には出来ません。

その場合には、募集条件があまりにも高待遇な企業は避けるようにしましょう。

 

これは、そこまでしないと人材を確保できない厳しい状況であると言っているも同じだからです。

こういったことを転職先企業を選ぶ際のヒントとしてもらえれば良いと思います。

[豆知識]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ