齢を取れば取るほどに求められるものは多くなる

あなたは仕事上での成功体験を語ることはできますか?

イエスと答えた方は、転職をしたとしても問題ないですが、ノーと答えた方は、転職を考えているのであれば良く検討した方が良いですね。

転職は新入社員の就職とは違うものがあります。

それは経験です。

 

転職において出身大学が影響すると答えたのは76%でもお話しをしましたが、新入社員の就職では出身大学が大きく影響をしてきますが、転職では影響をしてくる割合がかなり減少します。

それは、違う面が見られるからですね。

それが経験です。(2度目ですね。)

  • 今まで勤めてきた会社でどのような体験をして、どのような実力を付けたのか。
  • どのような壁にぶち当たり、どのように解決をして乗り越えてきたのか。

転職では、この様なところが多く評価に影響を与えるようになるのです。

 

この影響は、齢を取れば取るほどに大きくなって行きます。

それはそうですよね。

経験の時間が齢を取れば取るほどに長くなって行くのですから、影響も大きくなって当然です。

合わせて企業が転職者へ求めるものも多くなってきます。

例えば、25歳くらいなら潜在能力を期待されることになるので社会人としてのマナーや常識程度ですが、30歳を越えてくれば以前勤めていた会社での成功体験や実績など、35歳を越えてくるとマネジメント能力や専門性なども求められるようになってくるでしょう。

齢を取れば取るほどに求められるものは多くなる

この様に時間の経過と共に、あなたに求められるものは多くなり、よりオリジナリティが求められることになるのです。

誰もが出来ることをできたとしても意味はありません。

そういった人材が必要とされた時代は、もう終わっており、現在では、新しい発想ができる人材や、高い専門性を持った人材が重宝されるのです。

 

齢を取れば取るだけ給与水準は上がることになるので、企業としても、その給与水準に見合った人材しか採りません。

より多くのことを求められることはごく当たり前のことですね。

ですから、転職は齢を取れば取るほどに状況は厳しくなっていくのです。

しかし、自分自身に能力があり高い専門性や知識がある場合はそんなこともありませんので、これは一概には言えません。

35歳限界説などもありますが、現在では能力次第と言ったところでしょうか。

35歳限界説って何?という方は、こちらの35歳転職限界説は現実なのか!?を読んでみて下さいね。

 

若いうちは良いですが、齢を取ってから成功体験がないなどの場合は、ちょっと転職自体が微妙ですので、よく自分でリサーチしてから退職に踏み切って下さいね。

大手企業に勤めている方に多いのですが、自分は能力が高いと自信過剰になってしまい、他に移ってから自分の能力がそこまで高くないことを知る何てこともありますから。

有名企業の看板の力がどれほど強力なものなのかを理解しましょう。

営業であれば、実は現在の売上は企業看板で付いてきているもので、自分の能力ではないということは良くあることです。

 

転職する時に大切になるのは、まず自己分析です。

自分がどれほどの能力を持っていて、どれほどの経験を積んできているのか、その辺りを明確にする必要があります。

自分自身では中々に正確な自己分析をするのは厳しいと思いますので、転職エージェントのキャリアコンサルタントなどにお願いをするのも1つの手かも知れませんね。

 

次は、転職先企業の規模の差による業務範囲の違いに付いてお話しをして行きたいと思います。

矢印企業規模で業務範囲や仕事内容は大きく変わる

[優しい転職の話]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ