転職にスケジュール管理は不可欠

転職活動をしているのに、今の仕事が忙し過ぎてまったく動くことができない。

こんな方もいるかも知れませんが、転職活動には、最低でも面接の時間を数回割く必要が出てきますし、他にも多くの作業が出てきます。

ある程度の時間が必要になってきますので、今の仕事の繁忙期など忙しい時期は避けるなどしなければならないでしょう。

働きながら転職活動をする方がほとんどだと思いますので、少ない時間を有効に使うためにスケジュール管理は不可欠ということです。

 

まずは、転職活動の大枠である大雑把な計画を立てましょう。

計画の立て方としては、目標から逆算していくのが良いですね。

目標

何月何日ころに入社するかを決める。

合わせて内定日や退職日などもある程度で良いので決めてしまいましょう。

もちろん、この通りには行きませんが、大枠を決めるための目標だと思って下さい。

実際に動き出して時期がずれてくれば、それはそれで計画もずらして行けば良いですね。

面接日

大体どれくらいの時期に面接を入れれば良いのかを入社や内定の目標から逆算して行きます。

何月何日ころに面接を入れるのかを決める。

基本的には、面接を受けてから合否の結果が出るまでには1週間程度必要になってくるので、内定日の1週間前前後となりますね。

1次面接、2次面接、最終面接と何度か面接を重ねる必要がありますから、その辺りも加味して計画を立てましょう。

応募書類の作成

決めた面接日から逆算して1週間から2週間前になってきます。

履歴書と職務経歴書をまずは自分で作成します。

転職エージェントなどを利用している場合は、キャリアコンサルタントに書類の添削を受けましょう。

応募書類の作成に取り組む期間は1週間から2週間程度みておいた良いですね。

企業へ応募

あなたにマッチした企業があった場合は、応募しましょう。

転職エージェントを利用している場合は、キャリアコンサルタントを通してエントリーすることになります。

数社へ応募することになると思いますので、1週間程度みておきましょう。

求人情報探し

求人情報は、ハローワークなど公的なものから、インターネットを利用して個人で探すもの、そして転職エージェントなどを利用する方法で探すことになります。

求人情報を探す際には、どれかひとつに拘らず多角的に探すようにします。

転職エージェントを利用するのであれば、複数のエージェントへ登録する、ハローワークのみに頼らない、などですね。

期間的には1週間から1ヶ月程度といったところでしょうか。

企業リサーチなども含めると1週間では厳しいので、少し長めに取っておく必要があるかも知れませんね。

自己分析

転職活動に入る前に、本当に転職をすべきなのか、何のために転職をするのかを明確にする為、自己分析をしましょう。

1日から数日あればできることですので、必ず行うようにして下さい。

 

目標から自己分析まで、だいたい2ヶ月から3ヶ月くらいの期間になると思います。

大枠の計画を立てれば直近のスケジュールを埋めて行くようにしましょう。

大枠の中に細かいスケジュールを管理していくようなイメージです。

スケジュール管理は柔軟に変更して行き、無理のない範囲で行動できるように組むことが重要になります。

 

これらのスケジュールを立てずに転職活動をしてしまうと、時間の関係で面接を受けることができないなどトラブルや失敗の基になってしまいます。

転職活動にスケジュール管理は不可欠と言っても過言ではありませんので、しっかりと時間の管理をするようにしましょう。

 

次は、転職活動時に注意すべき行動に付いてお話しをしたいと思います。

矢印転職活動は秘密裏に行うのが鉄則

[優しい転職の話]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ