社内価値だけで転職の判断をすることの危険性

あなたの市場価値は、社内評価の高い人材が一般市場で評価の高い人材とは限らないでお話しをしているように、社内だけの価値だけでは分からないのです。

市場価値とは、簡単にいうと企業が社員に払ってもいいと思える年収の額が、その指標になりますね。

 

現在年収600万円で、ある大手ソフトウェア会社に勤めるAさんがいました。

Aさんは、現在の仕事に満足はしているが、プライベートな時間が少ないことに不満を持ち転職を考えます。

もっと休暇が多く、残業の少ない企業へ移りたいと考えたのです。

ですので、転職をしたとしても年収は上がらなくても良く現状維持で良いと思っていました。

しかし、現実は厳しくどこの企業も現在の年収600万円以下(400万円から500万円)の提示しかしてもらえません。

Aさんは今以上に年収を落とすことは、ローンなどもある為に生活が厳しくなるので、転職を一旦保留にしている状態です。

 

このお話しは人事バカの知り合いのお話しですが、実際にこのような状況になっているビジネスマンは多くいます。

では何故この様なことが起こるのか?

答えは簡単です。

社内価値と市場価値は別物だからですね。

自分の市場価値を明確に知りたい場合は、面接から市場価値を知るでお話ししているように面接を受けることです。

面接は多くこなせばこなす程に、自分が企業からどれほど価値ある人材なのかが明確になってきます。

 

社内価値より市場価値が低い理由

今回のAさんの場合は、年収600万円という価値。

しかし、他企業からは年収400万円から500万円の価値という判断。

なぜこの様な価値の差が生まれるのか。

その理由は2つあります。

 

年功序列が生み出す価値の差

同じ企業に勤めて年齢を重ねれば重ねるほどに、社内評価は過大になっている傾向にあります。

何故なら現在でも年功序列が一般的になっている企業が多く存在するからです。

どんなに優秀な若手でも、どんなに優秀でない古株社員には年収で勝つことはできない。

そんな企業が今でも多くあるということですね。

 

地盤の違いによる価値の差

同じ営業でも、どの企業で営業をするかによって大きく成績は変わってきます。

例えば、

  • 優良なWEBシステムを提供しているY社(このシステムを提供するマーケットで無くてはならない存在になっている)
  • 一般的なWEBシステムを提供しているZ社(このシステムを提供するマーケットではまだ知られていない)

この2つの企業へ同じ人が入社した場合に、どのような成績の差が出てくるでしょうか。

営業力が普通レベルの方が両社に入社した場合は、Y社では良い成績を残し、Z社ではあまり良くない成績になるでしょう。

営業能力が高い方が両社に入社した場合は、Y社Z社共に良い成績を残すことになりますね。

要は、現在勤めている企業で営業すべき商品が優秀な場合は、どんなに大きな成果を上げていたとしても、あなた自身の価値が上がる訳ではないということです。

 

余談ですが、人事バカが身をおいている不動産業界でもこの価値の差で悲惨な目に会っている方を、今までに数名見かけています。

大手不動産業者に勤めていた方が、毎月毎年と多くの物件を売り多くの売上を上げていました。

年収も1000万円を超えていたので、次第に自分で起業してしまえば更に多くの収入を得ることができるのではないかと考えます。

そして起業をして気が付くのです。

あの時売れていたのは、自分の営業力ではなく会社の看板力だったのだと・・・

これは良くあることで、不動産に限った話ではないですね。

人事バカの余談でした。

 

社内価値より市場価値が高くなることもある

では、優良な商品を提供している企業に勤めているすべての方が、社内価値よりも市場価値が低くなるのかというと、そんなことはありません。

もちろん社内価値よりも市場価値の方が高くなる方もいますね。

それがどのような方かと言うと、

  • 人脈を持つ人材
  • 社内でも圧倒的な成績を残している人材

です。

 

人脈を持つ人材

ここで言う人脈は、社内だけの人脈ではダメで、広範囲に渡る人脈になります。

元職場の人脈を大切にすることで詳しく説明していますが、転職する際にも職場の同僚や上司は大切にすることです。

これが後々に重要な取引先へと変わっていく可能性も秘めていますからね。

あなたの肩書がなくなったとしても付いてくる人脈は、転職先企業としても重宝される訳です。

 

社内でも圧倒的な成績を残している人材

やはり圧倒的な成績を残している人材や社内でトップを取っている人材は、企業としても魅力を感じますよね。

大規模な企業になればなるほどに営業人数も増えますから、その中のトップとなると、それ相応の営業能力がないと厳しいでしょうから高い評価に繋がることは間違いありません。

 

自分の市場価値を知らずに転職活動を始めない

ここで人事バカが伝えたいことは、自分自身の市場価値を知ることは転職をするのであれば必須だということです。

転職先企業は、現在勤めている社内価値ではなく、市場価値であなたの採否を判断することになります。

ですから、転職活動に入る前の第一歩としては自己分析が最優先ですね。

己の事をまず知ってから敵を知ることです。

 

自分の市場価値を知らないまま転職活動を始めることは、かなり危険な行為だということを良く理解して下さいね。

早まって先に退職してしまうなんてことは絶対に避けるようにしましょう。

 

次は、ブランクがある方でも問題なく採用されるというお話しをしたいと思います。

矢印ブランクがある方の対処法

[優しい転職の話]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ