英語力はプラスだが英語だけでは生き残れない現実

  • 「私はグローバルに働きたい」
  • 「外資系企業で働いてみたい」
  • 「海外で働きたい」

この様に考えている方はたくさんいますね。

これを読んでいるあなたも、その1人ではないでしょうか。

 

留学していたことがある方なら、経験を活かして英語を使った仕事に就きたいと思うのも当然でしょう。

しかし、留学をしていた経験や英語が出来るといったことは、現在では普通になってしまっているというのが現状です。

  • 大学で留学を経験している。
  • 社会に出るまでに英語が話せるようになっている。

この様な人が増えているのです。

 

現実的には、海外で働くにあたり留学経験や英語が出来るだけで通用するのかというと、そう簡単ではありません。

日本以上にビジネススキルを必要とする海外では、ビジネスマンとしての能力を要求されます。

その企業にとって常に必要とされる人材である、ということが求められるということです。

 

英語力や海外に居住したことがあるという経験だけでは、企業が求めている人材ではありません。

もっと違うところである、マネジメント能力が高い、専門性の高い技術を持っているなど、企業にとってあなたが持っているスキルが魅力的でないといけません。

 

以前に、英語力と技術力は今後の転職市場において重要という記事を書いていますが、まさにこの2つの能力が必要なのです。

グローバルに働きたいと考えるのであれば、英語力だけでもダメで技術力だけでもダメなんですね。

総合的にみて魅力的な人材であるということが重要になります。

 

また、外資系企業で働けば英語を活かせるかというと、それもそんなことはありません。

日本でビジネスをしているので、当然顧客も日本人になります。

必然的に日本語を使うケースがほとんどということです。

外資=英語ということではないのです。

 

しかし、中には社内での公用語が英語という企業もありますので、仕事で英語を日常的に使いたいということであれば、この様な企業を選ぶべきですね。

同じように顧客が同じく外資系ばかりで、社外でも英語を常に使うという企業もあります。

英語力を活かしたと思うなら、これらを重視して企業選択しましょう。

 

転職を考えている方の中には、漠然と海外で働きたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

海外と一言で言っても、欧米なのかアジアなのか南米なのか地域により大きく状況は違ってきます。

発展途上のアジアで働きたいなら、その理由を明確にすることです。

しかし、その希望する地域すら決まっていない方が多いので、まずはそれを明確にすることが先決ですね。

 

採用する企業側としても、そのあたりが明確でないと何をしたいのかが理解出来ませんし、意気込みも伝わってくるはずがありません。

希望する地域その理由をアピール材料として、あなたの価値を高めるようにして下さい。

例えば「大学時代に台湾へ留学した際に、○○が生活をする上で不便と感じました。いつかその○○を自分で展開してみたいと思い、3年間□□株式会社で働き○○のことについて学びましたが、□□株式会社では海外展開が視野に入っておらず再三海外進出案を出しましたがすべて却下されました。そこで台湾へのパイプがある御社で○○を展開して市場開拓をしたいと思いました。」

自分で台湾には何が足りないのかを発見する洞察力、それを展開するために学ぶ向上心、実践しようとする行動力。

面接でこの様なことを言うことが出来ればインパクトはありますね。

 

転職の根底には、英語力があるだけでは有利にはならない時代だということを頭に入れておくことです。

むしろ英語力よりも、技術力や他の能力の方がビジネスをする上では重要なんですね。

 

次は、高収入など高待遇に隠された狙いに付いてお話しをしたいと思います。

矢印高収入など待遇が良い求人には2つの狙いがある

[優しい転職の話]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ