転職活動は秘密裏に行うのが鉄則

転職活動をしていると悩みや迷いが多く出てくるものなので、つい身近な周りの人に相談したくなるのではないでしょうか。

しかし、その行為は自分を危険にさらす可能性もあるので注意が必要です。

 

相談して良い相手としてはいけない相手

転職に付いて相談をしても良い相手は、現在勤務している企業とはまったく関係のない人になります。

例えば、学生時代の友人や家族、親族ですね。

逆に相談をしてはいけない相手は、現在勤務している企業の同僚や上司、取引先の方、学生時代の友人でもその企業と何かしらの繋がりがありそうな人になります。

多くの方が勘違いしてしまっているのが、新人の頃から仲良くやっている同僚で口が硬そうな人に相談をする分には問題はないと思っていることです。

人事バカは、例え信頼できる相手だとしてもNGだと思っています。

 

あなたがどんなに信頼できる相手だとしても、ほぼ100%の確率であなたの上司に転職活動をしていることは漏れるでしょう。

その相談した同僚は、その同僚が信頼している同僚などに話してしまい、そうなると次は上司に伝わります。

「他の人には言わないで」「黙っていて」という約束を守れる人は、ほんの一握りの人間だけです。

良くその辺を理解してから、相談相手を選択するようにして下さい。

 

転職活動がバレると負うリスク

転職活動は、数週間や1ヶ月で終わってしまう方はあまりいません。

ほとんどの方が2ヶ月から3ヶ月かかり、長い方は半年以上と長期戦になります。

ですので、転職リスクを最小限にするには在職中に転職活動をするでもお話しはしていますが、転職活動は現在の仕事を続けながら行うことが一般的になっています。

もし、上司に転職活動をしていることがバレてしまうと、その会社に居づらくなってしまいますし、転職が上手く行かなかったときも大きなリスクを抱えることになってしまうのです。

再度言いますが、信頼できる同僚に相談するという行為は、自分自身を危険にさらしてしまう可能性が極めて高いということを理解しましょう。

 

会社のパソコンで転職活動をする危険性

私は、転職の相談を誰にもしていないから大丈夫と言う方でも、知らないうちに転職活動をしていることがバレてしまうこともあります。

それは、会社のパソコンを使って転職活動をしてしまっているからです。

会社のパソコンで転職サイトを開いたり、求人情報を検索などしていると履歴を調べられた時には必ずバレます。

また、会社のメールを使うのも危険です。

会社によっては、ウェブサイトの閲覧履歴からメールの送受信まですべてをチェックしていることもありますから。

 

仕事が忙しくて家のパソコンを開いている時間がない、家にパソコンがない。

そんな方だとしても、会社のパソコンを使い転職活動をする行為はNGですね。

ですので、個人所有のタブレットやスマートフォンなどを使って活動をするのが良いでしょう。

 

転職活動は秘密裏に進める

あなたが転職活動をしていることは、出来る限り秘密にした方が得策ですね。

  • 転職活動が長期化する可能性
  • 転職に失敗する可能性

この2つのことを考えると、会社にバレないのが一番動きやすいですし、リスクも少なくなるでしょう。

 

転職活動がバレた瞬間から仕事量が急に増したり、残業が増えたり、といったこともないとも限りませんからね。

必ず転職活動は秘密裏に進めて下さい。

 

次は、今話題のブラック企業に付いてお話しをしたいと思います。

矢印世間で騒がれているブラック企業は本当にブラック企業なのか

[優しい転職の話]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ