高収入など待遇が良い求人には2つの狙いがある

「ここの企業の給与他と比べて良いな」

「休日がこんなにもらえるの?」

「こんな給与があり得るのか!」

求人情報を見ていると、このように思ってしまう明らかに高待遇だと思わせる企業を見たことはないでしょうか。

その企業の狙いとは何なのでしょうか?

「狙いとかってあるの?」と思う方もいるかも知れませんが、明らかに高待遇の場合は戦略的にそれを行っていることも稀にあるのです。

 

最も大きな狙いはこの2つでしょう。

  • 優秀な人材を集める
  • 話題作りとしてメディアなどに取り上げられる

ここ数年では、ソフトバンクの孫さんの後継者選びですね。

多くの人材を集めることができ、話題を総なめにしました。

 

宣伝効果として考えれば、数千万円から億単位分の宣伝ができているんです。

ソーシャルメディア業界で過去に1300万円や1500万円などの高額な年収の求人を出した企業もありました。

ここまで年収が高いと、それなりの自信がある方しか応募し難いですし、自然と優秀な人材が集まる可能性が高まります。

 

過去に500万円から最大2000万円の年収を提示した企業があり、多くの転職希望者が応募しました。

しかし、応募した転職希望者で実際に2000万円の年収と見合う実力がある人材はほんの僅かでしょう。

 

残りの求職者は、500万など数百万円代の提示になってくるでしょうね。

そこで残る方は、企業から見ればお金だけに釣られて来た人材ではないと判断することができますので、自然とふるいにかけることが可能になります。

企業としてお金目当ての入社は嫌ですからね。

本当に企業にとって良い人材は、ここで働きたいという意思や想いがある方ですから。

と、言っても500万でも今の時代良い年収だとは思いますが・・・

 

この様に、破格の高待遇の場合は、そのまま鵜呑みにしてしまうのも考えものです。

高待遇に飛びついてしまう気持ちも分かりますが、しっかりとなぜ高待遇なのかということを明確にした方がいいですね。

高待遇の裏には必ず理由があります。

 

中には、高待遇で募集しておいて内定時に提示された金額ははるかに低いなど、卑劣なやり方をしている企業も存在します。

しかし、内定をもらったので最初は仕方がないかと、募集内容とあまりにもギャップがあるにも関わらず了承してしまう方も実際に多くいるのです。

この様な企業はブラックの場合が多いので、注意するようにして下さい。

人事バカも昔にブラック企業で大変な目に合っていますので・・・

詳しくはこちらを見て下さいね。

 

給与アップを目的に転職をすると失敗する可能性大でもお話しをしているようにお金に焦点を当てて転職をしてしまうと痛い目にあう可能性も高くなりますので、十分注意して転職をするようにしましょう。

確かにお金は生活をしていく上でとても大切ですが、お金だけではなく仕事にやりがいを感じるのか、転職をする目的を達成できるのかどうか、などにも焦点を当ててみて下さい。

 

次は、地方への転職に付いてお話しをしたいと思います。

自然が多く子育ていには良い田舎でも、転職に関しては厳しい現実もあるようです。

矢印地方への転職実情!甘く見てると痛い目あいます

[優しい転職の話]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ