ブランクがある方の対処法

転職をする方のほとんどが在職をしながらの転職活動をしていると転職リスクを最小限にするには在職中に転職活動をするでお話しをしていますが、中には先に退職をしてから転職活動を始める方もいらっしゃいます。

どちらが良いのかは、個人の状況や転職活動の方法によって変わってくると思います。

個人の状況とは、親の介護や留学など色々ありますね。

 

このように、転職先が決まる前に退職をしてしまったり、退職するしかない状況になり退職してしまった方が再度就職しようとする時には、無職の期間があるので、それはブランクとみなされます。

ブランクがある方の就職は、期間が大きく影響してくることになります。

 

当然ですが、3週間のブランク、3ヶ月のブランク、3年間のブランク、これらは採用側から見ると全く違うブランクになるのです。

3週間程度であれば退職してから間もないので、あまり意識する必要はないでしょう。

3ヶ月以上のブランクの場合は、その理由によって判断は異なります。

数ヶ月間働いていないのに、家にいて何もしていなかったでは、当然に良い印象を与えることはないでしょう。

 

親の介護などの場合は、問題ありませんが現在の状況を確りと説明をする必要が出てきます。

採用して働き出したのに、すぐに再度親の介護を理由に退職や休職または残業が出来ないなどがあっても企業側としてはたまらないですからね。

現在は、

  • 親戚が近くに引っ越しをしてきたので、私が働いている平日は親の介護をしてもらえるようになった。
  • 介護士さんを雇うことが出来たので親の介護に付きっきりになることはなくなった。

など、明確に現在では仕事に支障をきたすようなことはなくなったということを伝えることが大切になります。

 

留学などの場合は、何の為に留学をしたのかという目的や、その成果を明確に伝えられることが必要になります。

ただ単に語学力を付けるためや海外での経験をしたかったでは、ダメでその語学を使い何をしたいのか、海外での生活経験で何ができるようになったのか、などの具体的な説明が大切になるでしょう。

以前は、留学経験者は優遇されたりなどありましたが、現在では、多くの人材が留学していることもあり優遇されることはあまりありません。

 

育児子育てなどが理由でのブランクがある方もいるでしょう。

この様な方の場合は、ブランク理由は明確ですので説明の必要はありませんが、現在の状況とブランク中に学んだことなどの説明が必要になってきます。

ただ、育児に時間を取られていたという説明では、中々採用には至らないのが現実でしょう。

育児や子育てを通して学んだことや、育児に関連する企業であれば育児中に気が付いた世の中に足りないものなどを伝えることも良いですね。

この様に、その経験者でしか語れないものを武器とするのも良いでしょう。

 

また「ブランク中には親戚の会社で経理を手伝っていた」「地域復興の慈善活動に身を投じていた」など、社会との繋がりがあったということを主張するのも大切だったりします。

そして、東京23区の保育所待機児童が2万人超えでも説明しているように保育所の問題もありますので、その辺りの解決策を明確に示す必要が出てくるでしょう。

もちろん、そういった保育施設が併設されているような企業を選ぶという選択肢もありますが、そういった施設が整っている企業もそこまで多くはないのが現実です。

 

他にも色々なブランク理由は存在すると思いますが、なぜブランクが必要だったのか、そのブランク中に何を学んだのか、現在の状況などが確りと説明出来れば何の問題もないということです。

ブランクがある方の職務経歴書の書き方なども参考になりますので、見ておいて下さいね。

 

次は、転職回数が多くなればなる程に採用される可能性が低くなるというお話しをしたいと思います。

矢印転職回数が多いと不利になる

[優しい転職の話]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ