転職回数が多いと不利になる

転職を考えているあなたは、今回の転職で何回目ですか?

20代での転職で注意する点で詳しくお話しをしていますが、年齢に対しての転職回数には限度があります。

一概には言えないところではありますが、下記の表を参考にしてみて下さい。

年代別転職回数赤信号

20代で3回以上、30代で4回以上転職をしてしまうと、中々採用され難くなってしまい危険です。

もちろん、目的があって転職を行っていて、それが明確に説明でき面接官を納得させられるのであれば転職自体は悪いものではありません。

しかし、多く転職を繰り返してしまうと、その原因は本人にあると基本的には認識されてしまいます。

 

20代や30代で転職を多く経験している方の特徴は、転職先企業のリサーチをせずに転職してしまいミスマッチが起きているということです。

「とにかく今働いている企業を早く辞めたい」こんな気持ちで何も考えずに転職活動を開始して、内定が出ればどこの企業でも入社を決めてしまう。

この様な方が多いんですね。

そして、入社後にあまり良いといえる企業ではないことを知る。

それが限界に達したときに再度転職を考えるようになってしまう。

こんな方は意外と多くいるもんです。

 

中には、キャリアアップの為に転職をする方もいるでしょうが、いくらキャリアアップと言っても1年も経たずに転職をしてしまっていては何も身に付いていないはずです。

キャリアと言えるまでには、最低でも1年、出来れば2年、理想は3年以上と考えて下さい。

採用担当者は1年未満で転職をしている方が「キャリアアップの為に」と言っていても「その数ヶ月で何を学べたの?」「キャリアアップと言っているが逃げてきただけではないのか?」と当然に思うわけです。

短期間での転職は、本人に問題ありと思われてしまうのが当然でしょう。

 

確かに、20代であれば簡単に転職をすることが出来てしまいます。

しかし、それはあなたの給与レベルがまだ低水準だからなだけであり、あなたの能力だけを評価しているわけではないのです。

何故なら20代でそこまで能力を持った人材は稀だからで、企業も20代は育てるものと認識しているので、ある程度の能力があれば給与水準が低いので時間をかけて育てようと思うわけです。

 

30代前半から後半にかけての転職は、かなり厳しくなってくるのは目に見えているでしょう。

良く将来のことを考えて転職をするようにすることです。

30代での転職で注意する点を参考にしてみて下さい。

「今が辛いから転職する」というのが通用するのは今だけで、将来的には自分の首を絞める行為になりますので、その辺りを理解して下さい。

ここに、転職を繰り返さない為に持つべき考えという記事がありますから、長期スパンで物事を捉えるということを深く学んでみて下さいね。

 

転職回数が多い方にありがちなのが履歴書や職務経歴書を詐称する行為です。

これはやってはいけません。

「詐称とは大げさな」と思った方は注意して下さい。

経歴を偽る行為はれっきとした詐称です。

「数ヶ月しか働いていないから書かなくて良いだろう」

「6月に退社したが8月退社ということにしよう」

この様な軽はずみは行為が、後々にあなた自身を苦しめることになる可能性があるということを理解しておきましょう。

 

もし、あなたが人事部だとして上からの命令でリストラ人員削減を命じられたとします。

そこで、ある社員の職務経歴書を調べると経歴を詐称していることが発覚しました。

あなたならどのような対応を取りますか?

上から人員削減を求められている状況で、契約違反者がいれば鴨ネギだと思うのではないでしょうか。

正当な理由を付けて解雇することが簡単にできるのですから。

 

そんなに簡単に経歴詐称を見つけられるの?と思う方もいるかも知れませんが、社会保険や年金などの情報を見ればどこで働いていたのか、加入していたのは国民年金なのか厚生年金なのかなどすぐに分かってしまうのです。

ですから、内定をもらって承諾をしたとしても、入社と同時に保険の手続きをすると思いますが、その時にバレてしまう可能性もあるということです。

アバウトな会社なら小さな問題と捉えて見逃してくれる可能性もありますが、堅い会社の場合はどうなるか分かりません。

見逃してくれている場合でも、前述したような人員削減があった場合は保証はされませんよね。

 

経歴を偽った場合には、この様にリスクがあるので、この危険を背負いながら仕事するよりも自分の正直な姿を見せて違うところで勝負するなどした方が良い選択だと言えるでしょう。

あなたの能力の高さを売りに面接に挑めば良いのです。

それくらいが出来ないようでは、転職自体が危ういですからね。

でも、私は転職回数が多いから不利・・・と思われた方。

それは、あなたが今まで選んで通ってきた道です。

転職回数が多くなれば不利になると分かっていながら、行ってきた転職ですので、それはそれで受け入れて挑むべきでしょう。

 

人事バカの裏ワザとして転職回数を多く見せない履歴書・職務経歴書の書き方などもありますので参考にしてみて下さい。

ただし、これを使うかどうかはあなたの判断ですけどね。

ちなみに、日本ではここで説明したように転職回数が多ければ多くなる程に不利になりますが、海外ではそんなこともないこともあります。

すなわち外資系の場合は、転職回数が不利になる可能性も低いということです。

詳しくは欧米と日本の転職の大きな違いを参照して下さいね。

 

ですから、現在あなたが転職回数が多かったとしても諦める必要は全くありません。

表現方法を変えたり、転職先企業のターゲットを変えたりすることによって、大きく道は開けることもあるということです。

諦めることなく進めば自ずと答えは見えて来るはずですよ。

 

[優しい転職の話]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ