世間で騒がれているブラック企業は本当にブラック企業なのか

今までにブラック企業に付いては何度か触れてきましたね。

退職率から見える企業の実態などは、ブラック企業に付いて詳しくお話ししていますので参考にしてみて下さい。

タイトルにあるように、世間で騒がれているブラック企業は本当にブラック企業なのでしょうか?

 

ブラック企業がブラック企業であり続ける可能性は低い

確かにブラック企業が多く存在することは間違いありません。

しかし、ずっとブラック企業がそのままブラック企業であり続けることの方が難しいのではないかと人事バカは思っています。

問題のある企業は、是正していく又は潰れるのどちらかではないでしょうか。

 

ブラック企業と呼ばれるにはそれなりに理由があるはずですから、労働基準監督署も放っておくことはありません。

確りとチェックも入るでしょうし、指導されることもあるでしょう。

 

もし、あなたが仕事で重大なミスをして指導されたとします。

それでも同じことを2度も3度も繰り返しますか?

繰り返したとすれば会社からの評価は低くなりますし、最悪の場合は会社に居られなくのではないでしょうか。

企業も同じです。

重大な過ちを犯して指導されたのであれば、同じことをしないように是正しようとするはずです。

それができない企業は、長くは続かないと思います。

 

この様なことから、一概には言えませんが人事バカは世間で騒がれているブラック企業は、今後ブラック企業ではなくなって行くのではないかと思っています。

規模の大きい企業であればあるほど、是正して行くのには時間はかかると思いますが、いつまでもブラック企業であり続ける可能性は低いでしょう。

 

ブラック企業の基準はない

ブラック企業は、離職率が高い、労働環境が劣悪、勤務が長時間、などと言われていますが、どれも明確な基準は存在しません。

 

離職率が高いからといってブラック企業とは限らないのです。

離職率は、大手であればそれで判断をすることはできますが、中小企業ではそれだけでは判断することはできません。

中小企業は資力がなく新しい人材を入れることができないなど、ブラック企業とはまた違った問題を抱えている可能性もあるのです。

その場合は、人材の入れ替わりはないが人材不足のために長時間労働や給与が不安定などがあり得ます。

 

求人が常に出ている企業もブラック企業ではないかと言われていますが、これもまた一概にはそうとは言い切れないですね。

なぜなら、成長を続けている企業も常に求人を出していることも多いからです。

また、大規模な企業の場合は社員数が多いために、どうしても人材の入れ替わりがありますので、結果的に常に求人を出しているということもあります。

他にもネット上の口コミでブラック企業だと公言されている企業もありますが、その企業へ恨みを持っている人間であればいくらでもそのようなことは書き込むでしょう。

ですから、これも信じることはできないですね。

 

ブラック企業かどうかは、実際に働いている人たちが判断するのがベストですが、それも判断材料とはなりますが基準とはならないですし、明確ではないですね。

なぜなら、個人個人受け取り方が違うからです。

どんなに忙しく残業を強いられたとしても、ある程度の給与をもらっていれば満足という方もいるでしょうし、働けているだけ良いと思っている方もいるでしょう。

逆に、毎日残業を強いられて心身ともに疲れ果て、こんな企業はブラックだと思っている方もいるでしょう。

要は、同じ状況だとしても個人でそれぞれ感じ方は違うということです。

 

現にブラック企業だと訴訟をしている人もいる一方で、そこで今も働き続けている方もいるのです。

ですので、その人にとってブラック企業でも、違う人にとっては普通の企業という認識は良くあることになります。

 

ブラック企業の見分け方

誰もがブラック企業に入社するのは嫌だと思っているでしょう。

夢と希望を持って転職をしたのに、職場環境は劣悪、求人情報に出ていた条件とはほど遠い待遇。

そんなことになってしまっては、元も子もありません。

 

では、転職をしようとしている企業は、ブラック企業なのかどうかを見極めるにはどうすれば良いのでしょうか?

答えは簡単です。

その企業がブラック企業かどうかを知っている人に聞けば良いのです。

誰?

と思った方も多いのではないですか。

 

ブラック企業かどうかを知っているのは、その企業の業界で働いている別の企業の社員であったり、転職エージェントなどの人材ビジネスをしている方々です。

同業界の他社社員に直接話しを聞くのは知り合いがいない限り不可能に近いので、現実的なのは転職エージェントですね。

長年人材ビジネスをしてきている転職エージェントであれば、どの企業がブラック企業で、どの企業がブラック企業予備軍なのかを知っています。

 

この様な情報は、知っている人は当たり前のように知っているのです。

その他の人が知らないだけですね。

あなたの転職を後悔しない転職にするために、上手くこのような情報を手に入れながら転職活動を進めて下さいね。

 

次は、転職は1人きりで行うものではなく、家族の協力やサポートがあってこそ成功するというお話しをしたいと思います。

矢印転職は1人で行うものではない

 

[優しい転職の話]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ