業種や職種を変えるのは大きなハンデとなる

転職をする時に「違う業界へ移りたい」「新たな分野にチャンレンジしたい」と考える方は多くいますが、これは転職において不利となるのは間違いないでしょう。

企業側としては、教育面などを考慮すると、同業界で働いていた人を雇う方が手っ取り早いですからね。

違う業界から来た人間の場合は、まずその業界のことを学んでからのスタートとなりますが、同業界の人間の場合は、業界のことは理解しているので会社のシステムや業務をできるようになればすぐに一人前になります。

要は企業側から見ると異業種から来た転職者は、スキルがゼロだと捉えられることがあるので、企業側としてもリスクがあり、同業界の人材よりすぐれていたとしても採りづらい面があるということですね。

 

しかし、職種によっては、そういったスキルがないと見られないケースもあります。

営業職や事務職の場合は、比較的に前述したようにスキルゼロとは見られません。

なぜなら、これらの職種は、仕事の根本が同じだからです。

特に事務職で言えば、経理、人事、総務などといった職種であれば仕事の方法は違えど仕事の内容は似ていることが多いですからね。

営業でも不動産業界で住宅を売っていた方が、車業界に入り車を売ることも可能でしょう。

 

ですので、営業や事務は転職の際に業種を変えやすいというメリットはあります。

ただ、30代での転職で注意する点でお話しはしていますが、業種を変えるのであれば30代までにしておいた方が無難ですね。

あまり齢をとってから業種を変えていると適応できなかった時のリスクが大き過ぎてしまいます。

その辺りを理解して転職先を選択することです。

 

これらのことを理解した上でも業種を変えたいという場合に、最も重要になってくるのが、面接でのアピール方法です。

冒頭で異業種からの転職者は、同業種からの転職者に比べて不利になるとお話ししました。

面接官に理解してもらいたいことは、あなたのキャリアや経験が、今までと違う業界であったとしても通用するということです。

それをどう伝え納得をしてもらうかが鍵になってきますね。

 

間違ってもゼロスタートだということを言ってしまわないことです。

それでも頑張ります!という意気込みだけで通じるのは20代前半半ばまでになります。

20代後半や30代以降では、スキルがない人は採用されることはありませんから。

 

あなたのキャリアが違う業界でも通用すると面接官に理解をしてもらったとしても、同業種からの転職者に比べて不利になってしまうことは変わりありませんので、更に違うアピールポイントも用意しておいた方が良いですね。

特に重要視するのが、転職理由志望動機自己PRです。

あなたがどのような能力があり、なぜ転職をし何を目的としているのか、なぜこの企業でないといけないのか。

これらをアピールする方法は、それぞれのリンク先で確認しておいて下さいね。

 

また、異業種だとしても必ず似通ったところもあるはずです。

それは同じシステムかも知れませんし、同じしくみかも知れません。

希望している業界や企業の特徴をよく理解して、あなたが持っているハンデをいかに少なくできるかが重要になりますので、充分な企業リサーチも必要になってくるでしょう。

表面的には似通ったところがなくても、どこかで似通っていたり同じだったりする箇所も必ずあるはずです。

異業種への転職

転職時に業種を変えようとすれば不利にはなるが、アピール方法や職種によってはカバーすることができるということが理解できたと思います。

では、職種を変える場合はどうなるのでしょうか?

 

回答は、異職種への転職は、異業種への転職よりも更に不利になってきます。

職種を変えるということは、マーケティングから人事、人事から営業と全く異なる畑へ行くわけですので、まさしくゼロからのスタートです。

受け入れる企業としては、知識も経験も技術もない人材を一から育てなければならないというリスクを負うので、二の足を踏んでしまいます。

 

ここでも異業種への転職と同じように、今まで携わってきた職種で得たスキルや経験、キャリアをどう違う職種で活かすことができるのかを面接官へ説得する必要がありますね。

工夫次第では、全く違うような職種でも意外な共通項をアピールできたりもしますので、良く考えてみて下さいね。

そして、なぜ不利になってしまうと分かっていながら職種を変えるのかは聞かれると思うので、答えを持っていた方が良いでしょう。

 

異業種や異職種への転職に付いて更に詳しく知りたい方は、転職の選択肢を変えるだけで大きく状況が変わるを参考にしてみて下さい。

 

業種や職種を変えて転職をする場合は、

  1. ハンデを少なくすること
  2. 同業種職種の転職者よりも魅力的な人材であること

この2つが重要ですね。

 

次は、転職活動をしているのに今の仕事が忙し過ぎて、時間がないなど少ない時間を有効的に使うということに付いてお話しをしたいと思います。

矢印転職にスケジュール管理は不可欠

 

[優しい転職の話]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ