40代での転職で注意する点

年齢を重ねれば重ねるほど、企業から、ビジネスマンに対する期待感は自然と増すものです。

と言うことは、40代で転職を考える場合は、それだけの実力や実績、経験がないと上手く行かないという結果になる可能性が高くなるということでもあります。

 

ですので、20代や30代よりも、より専門性が高く、より実績を上げて来たという功績があり、企業が欲しいと思える人材なのかどうかを自分自身で認識するべきでしょう。

実力が伴っていないのに転職をしてしまうと、新しい勤務先で挫折を経験する事になりかねません。

そうなると、転職を繰り返してしまう事になってしまう可能性もあります。

これは、絶対に避けたい最悪ケースです。

 

良くあるケースが大手企業である一部の仕事だけ20年間続けて来て、それなりのポストに付いている人が転職をして、転職先で何も出来ない自分に気が付くということ。

今までは、周りの社員がした仕事を取りまとめ、その仕事に自分の意見を混ぜて仕事として成立して来たという場合でも、その仕事の殆どが実は周りの社員がしていたと言う事に転職後に気が付くことになります。

大きな企業になれば成る程こういった事は多くなり易く、本当の実力を把握出来ていない40代というのは想像以上に存在するものです。

ですから、転職を検討しているのであれば、前述した通り自分自身の実力を把握し、企業が欲しいと思える人材なのかどうかを再確認する必要があるのです。

 

40代での転職は、実力があるのならすべきと明言出来ますが、自分の実力や実績を振り返りもせずに、今のポストだけの物差しで自分を測ってしまうと失敗をする確率が格段に上がることになります。

まずは、転職を考える前に、あなたが出して来た実績や功績を振り返って本当の実力を把握することが必要になるでしょう。

 

また、20代や30代で転職をする事はなく、40代で初めて転職をする場合の注意が1点あります。

それは、状況の変化への対応です。

 

大手企業から中小企業への転職。

中小企業から大手企業への転職。

日本資本企業から外国資本企業への転職。

外国資本企業から日本資本企業への転職。

または、異業種異職種への転職。

 

これらは、転職では良くある光景ですが、40代以上での転職場合は、言葉にする以上に厳しい現実を思い知る事になる可能性があります。

まず、大手企業から中小企業への転職では、大手企業では自分の仕事だけをしていれば仕事が回っていたのに、中小企業に入ると自分の仕事以外の仕事が思いの外多かったり、部下の教育や、その他多くの仕事をこなさなねばならなくなります。

今までは当たり前の様に、周りの社員がしていた事を、自分から率先して行わなければならないという大きなギャップが生じます。

 

その逆で、中小企業から大手企業への転職の場合は、今までは許されていた書類の処理が細かくなり許されなくなったり、ひとつの仕事をするのに上司からの承認が必要など煩わしい作業が多くなる事へのギャップが生じ、全体の仕事スピードが思い通りに行かないなどのストレスを感じることになります。

 

次に、日本資本企業から外国資本企業への転職では、外資系企業では実力重視の企業が多いので、思うように実力が発揮出来ない場合の給与の格差や、ポストへの影響など今までにないギャップを感じる事でしょう。

逆に、外国資本企業から日本資本企業への転職では、実力よりも年齢や入社時期が重視され堅苦しい雰囲気に悩まされたり、真面目気質が合わなかったりと外資系ならではの自由さが奪われ自由に仕事が出来ないなど、厳しい状況になる可能性もあります。

 

異業種異職種への転職に付いては、30代での転職で注意する点で話した通りになりますが、これらのようなストレスを大きく抱える転職は30代のうちにしておくべきなのです。

 

この様な状況の変化を40代で受ける事になりますから、上記に上げる転職をする場合は、それなりの覚悟が必要になることを覚えておきましょう。

何の覚悟も無しに、転職をしてしまうと今までの状況とのギャップがあり過ぎ、着いて行けなくなってしまうかも知れません。

特に、大手企業から中小企業への転職には注意が必要です。

今、思っている以上に厳しい仕事環境が待っている事は間違いないでしょう。

 

ですから、40代での転職の場合は、一番ベストな形は、大手企業から大手企業への転職、日本資本企業から日本資本企業への転職など大きく状況が変わり難くストレスの小さい企業への転職かも知れません。

もちろん、企業が変わる訳ですから変化はありますが、最小限の状況変化で済みます。

40代の転職では、その辺りを認識して転職活動をすべきでしょう。

 

また、冒頭でお話しをした様に、40代での転職では企業からの期待も大きく、即戦力や、マネジメントとしての仕事への期待もされる事が多々あります。

あなたの持つ専門性や実力などの売りを確りと正確に把握する事が重要になりますので、自己分析は必須だと言えるでしょう。

 

次は最も厳しい転職が予想される50代での転職で注意する点をお話しして行こうと思います。

矢印50代での転職で注意する点

[現在の転職状況]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ