50代での転職で注意する点

20代、30代、40代の転職で注意する点をお話しして来ましたが、50代での転職は最も明暗がはっきりする年代になるでしょう。

良い転職になる方と、悪い転職になる方と大きく差が開くと言う事です。

 

50代のビジネスマンに求められる物は、今までの仕事で培って来た技術や知識、マネジメント能力、管理能力といった長い経験でしか手に入れることができないことです。

その要素を持ち合わせている人材の場合は、企業の上層部への転職が可能になるかも知れません。

逆にその要素を持ち合わせていない人材の場合は、現在のポジションや、収入より下になる事はもとより、転職自体ができない可能性もあると覚悟しておいた方が良いでしょう。

また、求人絶対数が少ない年代でもありますので、結果に対して顕著に影響してくることは間違いありません。

 

40代の人材以上に価値がなければ転職をする事は出来ても、厳しい現実が待っている事は間違いないので、あなたがどれ程の価値があるのかを客観的に認識をする必要が出て来るでしょう。

また、あなた自身の技術や、能力以外にも、この年になっていると長年の付き合いで作り上げて来た太いパイプの人脈があるはずです。

その人脈を活かせる転職先を見つける事で、前述の様なリスクを回避することは可能になります。

 

50代では、目前に迫って来ている定年ですが、現在では定年を65歳と設定している企業も少なくはないので、定年年齢などのチェックも忘れない事です。

60歳を越えた、その先の事も念頭において転職をする事を考える様にしましょう。

 

例えば、60歳を定年とする企業へ転職した場合は、61歳からは退職するか再雇用されるかしか道はなくなります。

再雇用ですと、収入も半分以下になることは珍しくはありません。

定年が65歳である企業の場合は、65歳までは正社員として雇い入れてもらえることになりますので、この5年というのは大きな差になるはずです。

 

その時になってから気が付くのでは遅すぎますので、転職をするのであれば定年時期も考慮して企業を選ぶようにしましょう。

 

次に、50代になると企業のトップポジションへの転職を夢見ている方も多いのではないでしょうか。

現在の職場で、それなりのポジションにおり、あなた自身が今の企業の業績を上げて来た、マネジメント能力を充分に持っているという方は、トップポジションへの転職も試みても良いかも知れません。

また、小規模な会社でもトップポジションなどの経験がある方は、より有利に話しを進める事が出来ます。

高い能力を持っているのであれば、人生最後のチャンスとしてチャレンジしてみても良いですね。

 

50代は、30年程度の社会経験をしていますので、専門性、経験、実績、技術、能力、人脈、において大きく個人差が出ている年代でもあります。

その個人により、優位に転職が出来るか、厳しい転職になるのかが、別れて来るのは致し方ない現実でもあるのです。

20代でどういった企業へ就職をしたのか、30代や40代でどういった転職や仕事の経験をしてきたのかが、50代では大きく影響をして来るでしょう。

 

しかし、50代でも少なからず転職を成功させている人もいますので、諦める事なく果敢な挑戦も必要になって来ている時代なのかも知れません。

 

次は、転職を行動に移す前に考えるべき事をお話しして行きたいと思います。

矢印転職理由を考える

[現在の転職状況]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ