転職に有利となる年齢層

大企業の倒産、倒産を逃れる為に民事再生法適用したとしてもリストラと、一昔前では終身雇用が当たり前でしたが、今では会社の業績が悪くなるとリストラが始まり、最悪のケースでは倒産に至ってしまいます。

リストラは給与が比較的高い中高年を中心に行われる事が多く(もちろん若年層もリストラ対象に入ることも)ありますから、その背景を見てきた若年層のビジネスマンは、リストラは免れたが終身雇用はない、一生この企業にいれるとも限らない事を肌で感じているのです。

ですから、リストラや倒産で会社から放り出されてしまったとしても生きていける様に、転職をする若者が増え、今では転職が一般的になって来ているのです。

 

景気が回復傾向にある現在でも、リストラを行っている企業は少なくはなく、早期退職を募ったり試行錯誤をしている背景も転職を後押ししていると言えるでしょう。

記憶に新しいのは2013年にあったグリーの早期希望退職ですね。

いつか転職を考えている、というビジネスマンは常に自分自身の市場における価値を評価し把握する事、そしてそれを伸ばし続ける事を忘れない事が重要です。

 

前述に若年層の転職者が増えていると言いましたが、では、転職をする際に最も転職に有利となる年齢層は20代なのか30代、40代、それとも50代なのかをお話しして行きましょう。

まず、35歳転職限界説を耳にしたことはないでしょうか。

これは、35歳を越えてしまうと転職をする事自体が限界だと言う意味ですが、今ではこの説は崩れつつあります。

この説に付いては、35歳転職限界説は現実なのか!?で詳しくお話しをしていますので、参考にどうぞ。

 

確かに年齢別に企業が求める人材を見る(下図参照)と、30代前半が最も多く、次に20代、40代~50代と続いています。

では、40代50代の世代は転職が出来ないのかと言うと、そんな事は決してありません。

しかし、その年代に応じて企業が人材に求める経験値や、専門性は高くなって行くことになります。

すなわち経験値や専門性が高い人材の場合は、年齢に関わらず転職をする事を有利に出来るという事になるのです。

ですから、すべての人に35歳転職限界説は当てはまらないということですね。

 

企業において、年齢の差でプレーヤーなどの営業職なのか、マネジメントなどの管理職なのか、根本の求めているものが違い、ターゲット層がまったく異なるという事なのです。

20代や30代をターゲットとしているプレーヤーに関しては求人数が多く、40代や50代をターゲットとしているマネジメントに関しては求人数が少ないという現状がありますので、35歳転職限界説は、このターゲットの人数の差から来ていると推測出来ます。

ですから、年齢に応じた実力が備わっていれば、問題なく転職をする事が出来ると言う事ですので、あなた次第だと言う事ですね。

年齢別転職者数の推移

全体で見てみると最も転職に有利となる年齢層は、20代後半から30代半ばまでということになります。

この時期よりも早い転職では、まだ実力や経験が不足しているということになり、不利となる可能性が高く、この時期よりも遅い転職では、実力や経験が伴っていなければ同じく不利となる可能性が高くなることは間違いありません。

 

また、実力や経験が伴っているのであれば、年齢に関係なく不利な状況になることなく転職することができるということでもあります。

 

次は、年代別に転職に関する注意点をお話しして行きたいと思いますが、まずは、20代での転職で注意する点からです。

矢印20代での転職で注意する点

[現在の転職状況]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ