面接を制する者が採用を勝ち取る

タイトルの様に人事バカは、面接を制する者が採用を勝ち取ると思っています。

面接で最も難しいのが、一発しかチャンスがないという事でしょう。

 

履歴書や職務経歴書は、間違えればやり直しが出来ますし、事前に第三者へチェックをしてもらうことも可能です。

それらが、面接では出来ないのです。

最も合否の比重が高い面接ですが、最も難関であるので、苦手としている方も多くいることでしょう。

苦手を克服するには、練習が最も効果的ですが、それをしている転職者はごくわずかです。

 

人事バカの経験上では、30代から40代、50代と年を重ねるに連れて面接に対する警戒心が薄いと思われます。

  • 「長年のキャリアがあるので、大丈夫だろう」
  • 「いつもしてきた営業トークがあれば問題ない」
  • 「幾度も交渉をして来た経験があるから、自信はある」
  • 「難度の高い商談でも成立させてきている」

と、今までの経験やキャリアを武器に面接に挑もうとしている方が、想像以上に多いのです。

 

しかし、これは間違いです。

面接は、特殊だと思った方が良いでしょう。

面接では誰もが100%正直に話しをしていないと面接官も理解しているので、本当の真意や、あなたが本当はどんな人なのかを質問の中で読み取って来るのです。

普通の営業交渉などの場では、相手はそこまで疑ったりしてこないので、今まで経験してきたものとは、まったく別物と考えるべきなのです。

 

それに対して、20代の転職者や、新卒者は面接対策をしっかりとしている傾向が強いのです。

新卒者の場合は、学校で対策が行われたり、自分自身でも練習を繰り返すなど万全の体制で挑んで来ます。

その経験を持っている20代の転職者は、それをフルに活用出来ますし、対策をすることが当たり前という意識を持っているので、更に磨きをかける為に練習を繰り返しているのです。

 

ですから、30代以上の転職者は必ず練習をしなければ面接で不利になると考えた方が良いでしょう。

 

では、具体的にはどの様な面接の練習をすれば良いのか、対策を取れば良いのかをお話しして行きたいと思います。

 

矢印具体的な4つの面接対策と6つのテクニック

[成功マニュアル]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ