面接後のお礼状でインパクトを与える

面接をしていただいた事に対するお礼状は、新卒者は学校からの指導で出すようにと言われているケースが多いのですが、転職者の場合は、そういった指導を受けることはもちろんありません。

ですので、転職者はこのお礼状を出す確率はかなり低く、出したとしてもメールでのお礼状にとどまっているのが現状です。

人事バカは、電子メールなどではなく【お手紙】や【はがき】でのお礼状をお勧めしています。

 

そうです。

この意図は、不採用となった企業へ再度応募可能なのか?でお話ししているように、他の人がやらないようなことをするから、他の人と違う結果が出て来るということです。

お礼状

 

人事バカの経験上では、メールでのお礼状を受け取った事は何度かあるのですが、お手紙やはがきでお礼状を受け取ったのは、過去を振り返っても1度のみです。

送って来たのは女性の方でしたが、その時感じたのは「意欲のある礼儀正しい方」だということです。

残念ながら、その時に欲しかったのが男性でしたので、一応会ってみたいというレベルで面接をした方でしたから、採用には至りませんでしたが、男性だったら必ずとっていたと思います。

それくらいに心が揺らいだ気分になりました。

 

当然に企業の面接官も、少なからず良い印象は持つはずですから、送って損はないといったところでしょう。

しかし、お礼状は不要と言われたり、やんわりと断られた場合は、送らない方が無難ですね。

 

人事バカに送られてきたお礼状の内容自体は、当たり障りない内容だったのですが、直筆でわざわざ郵送をして来たということが大きかったのだと思います。

やはり、メールでは伝えきれない思いや、意気込みが伝わるのでしょう。

いつでも見ることが出来て、いつでも送ることが出来るメールは手軽で便利なのですが、人間味がない。

正直そう思ってしまうんですね。

多くの面接官が人事バカよりも年上でしょうから、そう思う方は、多いのではないでしょうか。

 

こういった理由から、お礼状を送るのであれば、メールではなくお手紙かはがきと人事バカは思います。

便箋やはがきは、高級和紙を使うなどイメージもとても大切です。

切手も記念切手など普段とは違う物を使ってみても良いでしょう。

 

お礼状の例文

拝啓 時下ますますご清祥の段、お喜び申し上げます。

 

この度は、お忙しいところお時間を割いて面接をしていただきまして、誠にありがとうございました。

まず、面接の機会をいただけた感謝の気持ちを申し上げたくお便りいたしました。※1

 

面接では、◯◯様から貴社の経営方針や業務内容についてご丁寧に説明をいただき感謝しております。※2

特に◯◯様の◯◯だと言うお言葉がとても印象に残りました。※3

 

貴社のことをより深いところまで知ることができ、貴社で微力ながらも働き貢献をしたいという気持ちが、ますます大きくなりました。※4

面接では緊張のあまり、私が伝えたい内容も中々伝えることが出来なかった部分も多々あり、見苦しい点がありましたことをお詫びいたします。※5

 

採用合否の結果を通知していただけるとのことですので、良い結果を受け取ることが出来る事を切に願いまして、ご通知をお待ちしております。※6

貴社のご発展と○○様のますますのご発展をお祈り申し上げます。※7

敬具

 

お礼状

 ※1

このお礼状を書く理由は、あくまでも面接のお礼

※2

面接を受けた面接官の方の名前を入れることで、更にイメージが良くなります。

※3

面接で起きたエピソードなどを入れることで、事前に書いていたものでないことの根拠となる。

※4

面接前と後では、更に入社意欲が増したことを伝える。

※5

面接での失敗やミスをお詫びすることで、フォローとなる。

※6

内定をいただけるように願いを込める。

※7

最後にも面接官の名前を入れることで印象に残すことが少しでも高くなる。

 

この様に、1文1文すべてに意味がありますので、それを理解した上で書くとより一層出す意味が分かるはずですし、何を書くべきなのかが明確になってくるはずです。

 

お礼状は、面接を受けた当日中に送ることが必須です。

面接後に採用担当者の方々も、あまり時間を空けずに審査に入りますので、その前までに付いていなければ合否には影響は出て来ません。

 

このページでは、お礼状のことを詳しくお話ししてきましたが、もちろん、このお礼状は必ず送らなければならない訳ではありません。

送らなくても内定が出る方はいますし、送っても内定が出ない方はいます。

しかし、少しでも可能性が広がるかも知れないという思いを込めて送ることで、マイナスになることはないのです。

確かに無駄になることも多いかも知れませんが、ミスをいかに少なくするかが鍵どんなに優秀な人でも落ちる時は落ちるで話しているように、採用か不採用かが微差の場合は、こういった心遣いがあれば採用担当者の気持ちが動く可能性は充分にあるのです。

 

転職活動は、面接が終わったら終了ではありません。

面接が終わった後でもやるべきことや、やれることは探せば見つかるものです。

最後の最後まで気を抜かずに精一杯行動をしてみませんか。

 

成功マニュアルの最後に、どの求人媒体を使えば良いのかを詳しくお話しをしたいと思います。

この求人媒体の選択を間違えると転職活動の足かせとなってしまう可能性もあるので、注意が必要です。

 

矢印求人媒体の選択で転職活動が大きく変わる

[成功マニュアル]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ