求人媒体の選択で転職活動が大きく変わる

転職活動を本格的に始めようとした場合は、まず求人情報を手に入れなければなりません。

その求人情報をどこで手に入れるのかによって、大きく今後の転職活動が変わって来るという事を理解しておいて下さい。

媒体の違いで、求人の質、量、対象年齢、などが違うという事ですね。

 

主な求人媒体

  • 転職エージェント
  • 転職サイト(求人サイト)
  • ハローワーク
  • 求人雑誌

 

他にも新聞や折込チラシ、企業ホームページなどがありますね。

前述した媒体の上からの順番で求人の質が良いと思って下さい。

これらの媒体がどの様な特徴を持っているのかを理解することで、効率良く転職活動を進めることが出来るようになりますので、1つづつ見て行きましょう。

 

転職エージェント

基本的には、キャリアを積んだ方で、20代後半から30代(中には40代以降の求人もありますがかなり少ない)をターゲットとしています。

  • 「学卒から就職をして数年経った20代後半」
  • 「就職をしてから同じ会社で10年程度キャリアを積んだ30代」
  • 「転職を数回繰り返してキャリアを積み上げて来た30代」

などがターゲットとなる訳ですね。

 

キャリアコンサルタントが担当と付くことになりますので、自分自身の市場価値がどれほどあるのかなど、自分自身では測れない部分も明確になり、的確な転職アドバイスももらうことが可能ですので、転職に慣れていない方は必ず登録すべきでしょう。

また、この転職エージェントは、総合型と専門型がありますから、あなたに合った会社を数社選択し複数登録することをお勧めします。

 

特徴としては、売れる人材は多くの求人情報を紹介されますが、需要がないような売れない人材の場合は、求人情報の紹介が少ない、まったくないといった状態となる可能性もあります。

最悪の場合は、登録すら出来ない(登録拒否される)こともあります。

しかし、キャリアコンサルタントは企業との太いパイプで繋がりがありますので、味方に付けることが出来れば、かなり有利に転職を進めることが出来ます。

転職活動で、あなたがやるべきことをキャリアコンサルタントが代行して行ってくれますので、在職中にゆとりを持って転職活動を進めることが出来るというのも大きいですね。

 

なお、転職エージェントは乱立気味なところもありますので、多くの会社が有能な転職者を獲得しようと必至な部分もあります。

中には粗悪な転職エージェントも存在しますので、良く比較をして、どこに登録をすべきなのかを明確にしてから利用するようにしましょう。●

 

転職サイト(求人サイト)

転職を考えた場合に、まず見るのがこの転職サイトではないでしょうか。

自分のペースで求人情報を探すことが出来ますので、自由に転職活動を進めたいと言う方には合っているでしょう。

しかし、闇雲に求人情報を探すことにもなりますから、無駄な時間が過ぎて行く可能性も否定できません。

 

転職サイトも転職エージェントと同じく乱立気味ですから、あなたに合ったサイトを見つけることが重要になります。

それぞれのサイトで得意分野が違って来ますので、あなたの業種や職種を得意とするところへ登録をするようにして下さい。

 

ハローワーク

圧倒的な求人数が特徴です。

転職エージェントと同じく、企業とあなたの間に仲介役の方が入ってくれますので、自分で企業へ連絡を取って面接日を決めるなどの作業は不要になります。

ただ、お役所仕事ですので、窓口での対応に期待は禁物です。

窓口の方は、毎日多くの転職者を相手にしています。

忙しい状態であなたの求人を紹介して来ますので、多少横暴な態度などには目をつぶらなければなりません。

 

また、企業がハローワークに求人を掲載するのは無料で出来ますので、良い人材がいれば採用しようと思っている企業も多く、求人数が多い割には中々採用に至らないなどのケースも多くあります。

良質な求人を探すには不向きと言っても良いでしょう。

どうにもならなくなった転職者の駆け込み寺という認識でいるのが良いかも知れませんね。

 

求人雑誌

求人雑誌は、無料の物と有料の物がありますが、無料の物に関しては、キャリアを持った転職者には合わないでしょう。

基本的にターゲットが若年層で、アルバイトやパート中心の求人情報となり、派遣社員や契約社員などの非正規社員の求人が少し載っているだけで、正社員の求人は限りなく少ないと思った方が良いですね。

有料の求人雑誌は、転職サイト(求人サイト)と近い部分もありますが、他の媒体と合わせて利用する程度に留めるべきでしょう。

 

転職エージェント、転職サイト(求人サイト)、ハローワーク、求人雑誌と求人媒体のお話しをして来ましたが、人事バカは、まず転職エージェントと転職サイト(求人サイト)への登録をすべきと考えます。

ハローワークや求人雑誌に対しては、求人の質に疑問を持ってしまいます。

もちろん、すべての求人が悪い訳ではないでしょうが、転職活動の効率を考えた時に転職エージェントと転職サイト(求人サイト)の方が断然良いでしょう。

また、在職中に転職活動をする場合は、転職エージェントの利用は必須と考えた方が良いですね。

 

求人情報を手に入れる媒体がどこなのかで、あなたの転職活動が大きく方向が変わって来るという事を認識して、あなたに合った媒体を選択して効率良く進めて行ってみて下さいね。

 

続いては、人事がどういうことを考えて、どの様な判断を下しているのかをお話しして行こうと思います。

 

矢印人事バカの考え

[成功マニュアル]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ