年代で求められる物は大きく違う

20代後半の転職者と40代の転職者では、企業から求められる物はまったく違うと言って良いでしょう。

40代で「やる気は有ります!」と言われても企業側からすれば「やる気があるのは前提です」と言われてしまいます。

年代で求められる物が違うのですから、年代でアピールするポイントも異なって来るという事を認識して下さい。

 

20代、30代、40代、それぞれで企業から求められる物は何なのをお話ししてみたいと思います。

現在の転職状況でお話しした内容と被る部分も出てくるかも知れませんが、焦点を少し変えてお話ししていますので、参考にしてみて下さい。

 

20代に求められる物

この年代の求人の数は多く、経験やキャリアはそこまで重要視されない年代です。

企業から求められる物は、プレイヤーとしてのスキルや能力ですが、ある程度は情熱や仕事に対する姿勢でカバーをする事ができますから、異業種、異職種への転職も視野に入れやすく、どの方面の企業でも挑戦をすることが出来るでしょう。

比較的自由に転職をする選択肢はありますので、自分の力を試すという意識で転職を考えても良いでしょう。

 

30代に求められる物

この年代も求人数は多いですが、今までの実績やキャリアを重要視される年代です。

また、後半からは求人数が一気に減ってくる傾向にあります。

 

企業から求められる物は、プレイヤーそして、マネジメントの能力になります。

単体プレイヤーとしてのスキルや実績を始め、人を指導したり教育するなどリーダーとしての人格や、実力を求められる事になりますので、今までにどんなに小さなプロジェクトでも良いので経験がある場合はアピールするべきでしょう。

この年代では、どこに行っても即戦力としての期待が高まりますので、異業種や異職種への挑戦は30代半ば頃を最後にした方が良いですね。

 

逆に言うと即戦力として期待が出来ない方に関しては、転職自体が厳しい状況に陥りやすいので注意が必要です。

30代までに仕事の基盤を形成し、専門性を持つことが重要です。

 

40代に求められる物

この年代の求人数は極端に少なくなりますので、転職はかなり慎重に検討をした方が良いでしょう。

企業から求められる物は、専門性とマネジメント能力です。

 

30代以上に専門性が高い事が求められ、深い知識と能力を期待されます。

そして、経営に関する知識や、マネジメント能力も求められる事になり、経営層により近い求人に応募することとなるでしょう。

その反面、誰でも出来る様な単純作業で、低賃金の求人もあります。

この年代は、レベルの差がはっきりと出る年代と言え、2極化が露骨に出てくるでしょう。

 

30代と同程度の能力の場合は、若さがあり柔軟性が高く、賃金が安価な30代が採用される傾向にありますので、それなりの能力を持った方でないと転職に苦戦を強いられる年代でもありますので、最も転職において注意すべき年代です。

 

関連性の高い記事がありますので、こちらも参考にしてみて下さいね。

 

次は、書類選考でとても重要になってくる履歴書に付いてお話ししてみたいと思います。

 

矢印履歴書で書類選考の通過率が大きく変わる

[成功マニュアル]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ