企業からの指定書類の提出で半分のライバルを追い抜く

企業へエントリーした場合、同時に履歴書と職務経歴書の提出を求められることがほとんどだと思います。

基本的には、この2つはセットとして考えられているので、履歴書だけを提出するなどしない方が良いですね。

採用担当者は、あなたが今まで経験して来た業務や、得て来たスキルなどの詳細を知りたいと思っているのです。

それをカバーするのが職務経歴書になりますので、提出は必須だと考えましょう。

 

中には、履歴書と職務経歴書を一緒にしたシートでも良いとする企業もありますが、まだまだ少ないですね。

また、職務経歴書の書き方テクニックで指定された書類以外の提出は事前に承認を得るべきとお話しをしましたが、逆に企業側から履歴書と職務経歴書以外に自己PR書や志望動機書、論文などの課題書類の提出を求められる場合もあります。

指定されたのであれば、これらの書類は必ず提出をしなければなりません。

これは、人気の高い企業に多く応募者が殺到すると予測出来る場合に求められます。

 

この意図は、希望者の選別や絞り込みにあります。

人気企業では、数百、数千もの応募が殺到しますので、この課題書類を求めることにより、断念する転職者も多くいるということです。

企業としては、求めた書類すら出せない転職者は、入社後も役に立たないと判断するのです。

書類を提出しないで断念する転職者は、半分くらいだとも言われます。

 

逆に言うと、ここで断念せずにしっかりと指定書類を提出することにより、多くのライバルを追い抜いたことになります。

断念する方が約半数ですので、ライバルが半分になると言う事ですね。

 

企業から求められる主な応募書類

必須書類

履歴書

個人情報を詳細に伝えることが出来る

間違いがなく書けているのかなどのチェックが入るので、些細なミスにも注意すること

 

職務経歴書

どの様なキャリアを持っているのかを伝えることが出来る

企業側が最も重要とする書類

表現方法や、企業に取って知りたい情報が入っているのかなどもチェックが入ります

 

添え状

ビジネスマナーとして履歴書、職務経歴書と一緒に添えることが必須です

 

指定される可能性がある書類

自己PR書

自分の強みや得意なことなどを伝えることが出来る

今までの経験でどの様なことを得て来たのかなどは、具体的に例を上げながら伝えること

 

志望動機書

なぜこの企業を選んだのかを明確に伝えることが出来る

入社後に何が出来るのか、何をしたいのかを具体的に伝えること

抽象的な表現は避ける

 

課題論文

出された課題に対してレポートや論文を書きます

あなたの理解力や思考力を伝えることが出来る

 

キャリアシート

転職エージェントなどで独自に提出を行っているケースがあります

履歴書の提出の代わりに利用することもある

 

続いて、このページでも出てきた自己PR書に付いてお話しをして行きたいと思います。

 

矢印ライバルに差を付ける自己PR書

[成功マニュアル]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ