職務経歴書の書き方テクニック

今回は、職務経歴書の内容などではなく、読みやすい職務経歴書を作るには、どう表現するのかなどの書き方テクニックのお話しをして行こうと思います。

職務経歴書は、まず見づらい物は採用担当者も嫌がると思った方が良いでしょう。

日々多くの履歴書や職務経歴書を見る訳ですから、ギッシリ字で埋め尽くされた物より、読む相手のことを考えて読みやすく書かれている物の方を、優先的に読む可能性が高いですね。

ですから、視覚的にスッキリした物を作るように心がけて下さい。

まったく同じ文章だとしても、レイアウトや表現方法を変えることによって、大きく訴求力が違って来るのです。

 

職務経歴書の見やすさ

まずは、フォントや改行などを用いて見やすさを強調させる方法に付いてお話しをして行きます。

見出し、改行、スペース、リスト、表、などを使い全体的に見やすくすること。

強調したい箇所には、太字、下線などを用いて目立ち易くする。

 

例文を見て行きましょう。

 

略歴

早稲田大学卒業後に、株式会社飲料産業へ10年間従事し企画開発に携わって来ました。多くの企画立案をして参りましたが、この10年間で20の案が採用となり、その中の5つをヒットさせることが出来、業績に大きく貢献することができました。社内表彰も3度受けたこともあり、新しい物を生む力には絶対的な自信を持っております。

職務経歴

平成15年4月~平成25年8月株式会社飲料産業

事業内容飲料の製造販売

資本金1億5000万円売上高12億円(平成25年度)従業員数800名非上場

貴社で生かせるスキル

企画開発経験10年間 販売促進の為のイベントノウハウ

発案から立案までのプレゼンテーション能力

 

これをフォントや改行などを用いることにより、大きく違って来ます。

 

【略歴】

早稲田大学卒業後に、株式会社飲料産業へ10年間従事し企画開発に携わって来ました。

多くの企画立案をして参りましたが、この10年間で20の案が採用となり、その中の5つをヒットさせることが出来、業績に大きく貢献することができました。

社内表彰も3度受けたこともあり、新しい物を生む力には絶対的な自信を持っております。

 

【職務経歴】

◆株式会社飲料産業

◇平成15年4月~平成25年8月

◇事業内容:飲料の製造販売

◇資本金1億5000万円 ◇売上高12億円(平成25年度)

◇従業員数800名 ◇非上場

 

【貴社で生かせるスキル】

・企画開発経験10年間

・販売促進の為のイベントノウハウ

・発案から立案までのプレゼンテーション能力

 

ただ、文章量によって枚数が多くなってしまうのであれば、改行をなくすなどして、少ない枚数で抑えた方が良いですね。

ケース・バイ・ケースで改行を行うのかどうかなどを決めましょう。

 

続いて、レイアウトに付いてお話しをして行きますね。

 

職務経歴書のレイアウト

重要な(伝えたい)ことは、一番最初に目が行くところから記載して行きます。

基本的に人はパソコンの画面や書類を見る時には、【Z】の形で読んで行くことが多いとされていますので、左上に最も伝えたい重要なことを書きましょう。

 

 

職務経歴書の表現方法

あなたの事を伝える時に必要になって来るのは、具体的な数字を使い表現をすることです。

抽象的な表現である「頑張りました」「売上に役立った」などは避けましょう。

もっと具体的に書くことです。

 

【個人の売上成績はトップを維持することが出来ていたので、所属部所の売上げアップにも貢献をすることが出来ました。】

 

ではなく、具体的な数字を使います。

 

【30人の部所で個人の売上成績は常にトップを維持することが出来ていたので、所属部所の売上が前年比30%アップすることに貢献をすることが出来ました。】

 

などと、具体的な数字を使うことにより、表現が豊かになりますし、具体的にあなたの貢献度を計ることが出来ます。

 

書類郵送に付いて

ちなみに、書類選考で履歴書や職務経歴書を郵送する場合には、添え状を付ける様にするのは当たり前ですが、指定された書類以外を送る際には、事前に承認を得ることが必須だと思って下さい。

自己アピールをしたいことは良く分かりますが、イレギュラーなことをされると嫌がる採用担当者もいるということを念頭におくべきです。

最悪の場合は、指定したものとは違う書類が入っている応募者は不採用と決まっている場合もあります。

 

アピールをするには、事前にこういった書類を送りたいが良いかと尋ねること、または、添え状内にアピールしたいことを記載することです。

もちろん、無断で送ってもやる気があると評価してもらえる企業もありますが、基本的には承諾を得た方が良いでしょう。

逆に言うと、承諾を得ないで送った場合は、不採用となっている時は、承諾を得て送れば有利に働きますね。

 

書類選考では、ちょっとした表現の違いや、レイアウトなど見やすさの違いで大きく合否に影響して来ます。

所詮は、採用担当者も人間です。

印象が良い転職者と会いたいと思うのです。

 

採用担当者の事を考えて作成した書類は、自然と書類選考対策となります。

どうすれば見やすくなるのか、読みやすくなるのかを考えて作成してみて下さいね。

 

これらは、転職サイトやウェブ上からのウェブエントリーでも同じことが言えますので、活かしてみて下さい。

ただし、ウェブエントリーの場合は、太字や下線などは使えない、レイアウトは決められているなどの制約がありますので、改行や記号などを用いて可能な限り読みやすくするようにしましょう。

 

次は、業務のブランクを抱えた方が、それをどう職務経歴書に書くべきなのかを具体例を上げながらお話しをして行きたいと思います。

 

矢印ブランクがある方の職務経歴書の書き方

[成功マニュアル]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ