キャリアコンサルタントとは

就職や転職を希望している方に対して、キャリアパスの生成をしたり、希望している企業へと入職出来るように様々なサポートを行う人をキャリアコンサルタントと(キャリアアドバイザーとも)呼ばれています。

キャリアコンサルタントは、転職エージェントに所属をしており、そこに登録をしてくる転職希望者へ様々な人材のサポートを行ってくれる転職者にとっては、心強い存在と言えるでしょう。

 

キャリアコンサルタントの主な仕事としては、転職希望者の適性や能力、経験といったものをまずは把握することです。

あなたが現在、どのような職種でどの程度の市場価値があるのかどうか。

これをしっかりと第三者的な視点で判断してくれることになります。

 

社内価値だけで転職の判断をすることの危険性でも言っているように、自身の市場価値を知ることは、転職活動を始めるにあたり、非常に重要なことになのです。

自身の価値を知ることで、これから自身が何をしていかなければならないのか。

他にも、あなたの価値に適した年収や待遇を受けているのかなどを把握することが可能になるのです。

 

ここではキャリアコンサルタントについて、ちょっと掘り下げて紹介をしていきましょう。

 

誰でもなれるわけではない

キャリアコンサルタントになるには、ただ人材派遣会社や転職エージェントにスタッフとして入職すればなれるというわけではありません。

キャリアコンサルタントには民間資格が存在しており、転職エージェントに所属して活躍しているキャリアコンサルタントのほとんどがこの資格を有しています。

 

大きく分けて、

  • 標準キャリアコンサルタント
  • キャリアコンサルティング技能士
  • 登録キャリアコンサルタント

の3つの資格が存在しているのです。

それぞれに受験資格やどの程度の評価を受けることが出来るのかは違ってきますから、自身のキャリアコンサルタントがどの程度の資格を有しているのかを確認することも転職エージェントを上手に活用するためのコツになります。

 

専門職出身者が多い

転職エージェントのキャリアコンサルタントは、専門職の出身者が非常に多く見られます。

これは一昔前のキャリアコンサルタントが、あまりに専門職の知識がなく、転職エージェントを利用しているユーザーの不満の種になっていたという背景があるからです。

ですから、転職エージェント自体が専門職に就いていた人材を意図的に集め、キャリアコンサルタントとして育成していったのです。

 

現在では金融関連出身者や、医療業界、IT関連など、専門的な知識を有していなければ転職支援が難しいような職種の出身者がキャリアコンサルタントとして所属していることが多く、転職者にとっては非常に心強い味方になってくれています。

専門職の知識がある上、それにプラスしてキャリアコンサルタントとしての基礎的なことを、資格取得の試験や研修などによって身につけているわけですから、レベルの高い転職サポートが期待出来るというわけです。

 

このように一昔前のキャリアコンサルタントとは違い、それぞれの業界に特化したキャリアコンサルタントが多く所属していることから、業務内容などの話が通じないということはなくなりました。

 

国を挙げてのプログラム

そもそもキャリアコンサルタントを育成することは、国を挙げてのプログラムなのです。

2002年に厚生労働省が計画を作成し、キャリアコンサルタント5万人計画というものがスタートしました。

 

より転職サポートを上手に行うことが出来るプロフェッショナルなキャリアコンサルタントを育成することを国の課題として取り組んできたのです。

公共のハローワークに所属することはもちろん、民間の転職エージェントに所属したいとする人材もこの計画によって育成されているため、キャリアコンサルタントそれぞれの個人差があまりないような現在の状況が作られてました。

 

このようなことがあって、それぞれの転職エージェントに所属しているキャリアコンサルタントが作られていますから、安心して転職サポートを受けることが出来るような状況が出来上がっています。

[転職エージェントとは]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ