第二新卒と未経験転職者で有利なのは?

転職活動を行っていく上で、様々な疑問を生じることは珍しくありません。

その一つが、第二新卒者と一般転職希望者の中でも未経験という立場の人材では、どちらが有利なのかという疑問です。

 

そもそもが第二新卒者とは、どういった立場なのか。

第二新卒者は学校などを卒業した後、3年以内の期間の状況で転職を希望している方を指します。

学校を卒業し、就活に失敗をして仕事に就いていない卒業後3年以内の方や、一旦就職はしたものの、ミスマッチ感を感じ離職をして転職活動をしている方で、3年以内の方が主に第二新卒者と言われています。

 

新卒者と第二新卒者の条件を満たしていない方を通常転職者として区別をしているのです。

通常転職希望者の中でも、大きく分けると、業界や職種の経験があるキャリア採用と、未経験中途採用とに分けることが出来ます。

 

即戦力を求めている場合には、当然経験者であるキャリア採用が有利になりますが、問題は未経験中途採用者と第二新卒者でどちらの方が有利なのかということ。

 

第二新卒者のメリット

第二新卒者が採用側からみて、メリットと感じられることは、勤務年数が少ないことから、まずどの企業のカラーにも染まっていないことでしょう。

新卒者同様に、自社の教育システムによって、自社独自のカラーに染める事が出来るのは大きな利点です。

 

未経験中途採用者の場合、少なからず他社での社会人経験があり、前職の企業と比較をする指針を持っていたり、固定観念などを持っていることが多い。

一旦持ってしまった固定観念を排除し、自社のカラーに染め直すことは、多くの労力と時間を有します。

 

他にも第二新卒者の場合、待遇面でも新卒者同様のコストで済むことも大きなメリットと言えるでしょう。

未経験者でも少なくても中途採用者の場合では、社会人経験があり、役立つ経験もしていることが多いもの。

この点を考慮した待遇面を考える必要がありますから、新卒者や第二新卒者と比較して、コストは割高になると言わざるを得ませんね。

 

未経験中途採用者のメリット

第二新卒者と未経験中途採用者の大きな違いは、社会人経験が確りとあるということでしょう。

第二新卒者が社会人として認められる間もなく離職をしてしまっていることに対して、未経験中途採用者は少なくとも3年以上は社会人の経験をしているわけです。

 

この違いは採用者側からすると大きく、未経験者でも最低限のビジネスマナーは身につけていて欲しいという採用側の思惑があります。

業務に関わる教育であれば、いくらでも充実しているけれど、社会人としての基本から教育している暇はないという企業も多く見られているのです。

 

このような違いがあることから、社会人としての責任感を備えているであろう未経験中途採用者の方を優遇する企業も珍しくない。

まだ社会人経験すらない第二新卒者では、少々のことでミスマッチ感を感じ、すぐに離職をしてしまう可能性も高いと感じられているわけですから、その点で未経験中途採用者にはメリットがあるのです。

 

自分に合った転職エージェントを利用する

第二新卒者では第二新卒者向けの、中途採用者なら中途採用者向けの転職エージェントを利用すべきでしょう。

転職エージェントにはそれぞれにカラーがあり、社会人が未経験である人材をサポートすることに長けたもの。

社会人経験はあるものの、業務や業界の経験がない方の転職サポートに長けたエージェントが存在します。

 

前述に挙げたようなメリットばかりでなく、デメリットになる要素も把握した上で転職サポートを行ってくれますから安心です。

また入職前に最低限身につけておかなければならないスキルや知識を習得出来る研修制度が充実しているところ。

ビジネスマナーを教えてくれる所なども存在していますから、上手に使い分けを行っていきましょう。

[転職エージェントとは]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ