登録すべき人、すべきでない人

転職活動のスタンダードな方法として、現代では転職エージェントを利用することがあげられますが、どういった方でも転職エージェントを利用すれば、良質な転職先を見つけることができ、見事に入職することが出来るのかといえば、それは疑問が残ります。

 

転職エージェントを利用するという転職活動にマッチした方もいれば、転職エージェントを利用しても、思い通りに転職成功に導くことが出来ないという方も存在しているということは、前提として覚えておきましょう。

 

最良の転職活動ツールとして認識されている転職エージェントですが、やはりそれを利用して最大にメリットを活用出来る方もいれば、出来ない方も存在しているということなのです。

 

自身が登録すべき人材であるのか、それとも転職エージェントを用いてもあまり意味のないものであるのかを、判断出来る指針をここでは紹介していきすね。

 

転職エージェントを利用すべき方

転職エージェントを利用し、そのアドバンテージを最大限に活用できる方というのは、まずはキャリアや経験といったものが豊富である方が挙げられます。

企業側からしてみると、より優秀な人材を確保したいという思惑があるからです。

 

誰でもいいのであれば、コストが掛かる転職エージェントをわざわざ利用して、人材募集を行うことはありません。

各企業それぞれに満たしておいて欲しい条件などがあり、それらの条件の中でも重要視されるのが経験やキャリアというものなのです。

 

特に、それぞれの職種や業界における専門知識を多く有している方であれば、転職エージェントを利用する価値は非常に高いでしょう。

能力があるのに、それを活かしきれていない場合や、保有している能力やスキル、知識などを正当に評価してもらっていない方などには、お勧めです。

 

転職エージェントに向かない方

まず挙げられるのは、現在の職種や企業内において、実績や成果などを残せていないような方です。

企業規模などに関係なく、成果や実績がない人材を、魅力的だとはどの企業も判断することはありません。

 

確かにそれぞれの方に向き不向きな職種や業界などがあり、就職時にそれを的確に判断出来ず、生活のために就職するといった方もいらっしゃいます。

新卒者や第二新卒者であれば、このケースも理解出来ますが、それ以外の場合には、やはり考え方に問題があると受け取られ、魅力的な人材とは認識されないケースが多いのです。

 

まったく未経験のジャンルに年齢を重ねてからチャレンジするのは、転職希望者それぞれの自由ですが、30代での転職で注意する点でも話している通り、どのような業界や職種でも、そんなに甘いものはありません。

転職エージェントは基本的に、転職希望者の利益を考えますが、それと同時に人材を募集している各企業の利益のことも考えるものです。

 

両者にとってwinwinの関係を築くことが転職エージェントの目的ですから、それぞれの企業が満足出来ないような人材を紹介することは出来ないことになります。

つまり、キャリアや経験、実績などがない場合には、転職エージェントを使っても思い通りの成果をあげることは出来ないでしょう。

 

登録すべきかどうかではない

根本的な考えとして、現在いる自分の価値が転職できる、もしくは転職すべきほどの価値を持っているのか。

逆にどう贔屓目で見たとしても、転職には向かない、出来ないという価値しかない方では、いくら転職エージェントに登録をしても成果が出ないという状況しか訪れないのです。

 

自身の価値を第三者的にしっかりと判断してくれる転職エージェントも存在していますから、そういったものをまずは活用し、自身の現在のポジションを確認してからでも遅くないでしょう。

市場価値に付いては、社内評価の高い人材が一般市場で評価の高い人材とは限らないや、社内価値だけで転職の判断をすることの危険性などの記事が参考になると思いますので、読んでおいて下さいね。

登録すべきかどうかの前に、転職すべきかどうかが重要ですね。

 

[転職エージェントとは]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ