転職エージェントと一般求人サイトの違い

インターネットを利用するといった共通点があったり、サイトのデザインなどが類似しているといったことから、転職エージェントと一般求人サイトを一緒くたにしてしまっている方は少なくないのではないでしょうか。

転職エージェントと一般求人サイトには、似ているようで大きな違いが存在しているのです。

 

一般求人サイトに登録をすることによって、確かに転職エージェントでも行われているスカウトメール機能などを利用することは可能になります。

ただし、転職エージェントと一般求人サイトでは、受けられる転職サポートの質や量といったものが、まったく違っていることをしっかりと覚えておきましょう。

 

カウンセリングがあるかないか

やはり転職エージェントと一般求人サイトとの大きな違いはそのサービスの内容の違いが挙げられます。

一番大きな違いはカウンセリングの有無です。

 

転職エージェントにはキャリアコンサルタントが所属し、転職を希望している方、一人一人に就いてマンツーマンで転職サポートをしてくれる登録者担当制のサポートを受けることが出来ます。

 

カウンセリング内容は、それぞれの転職エージェントによって違いますが、基本的には、求人の紹介から面接の対策、履歴書や職務経歴書などの書類作成のサポートまで幅広い支援を受けることが可能になっています。

また人気の求人案件に多い、求人紹介制のサポートも受けることが可能です。

これによって、自身が希望している企業へ転職成功をしやすい環境が整っていると言えるでしょう。

 

一方で一般求人サイトの場合には、基本的にただ募集している求人を紹介しているだけであり、その詳細を紹介してくれるだけなのです。

 

推薦システムが活用できる

転職エージェントが提供しているサービスの中でも、推薦システムを採用している転職エージェントはお勧めです。

これは特定の転職したい企業が決定している転職者には、かなりお勧めのサービスになります。

 

一般求人サイトでは、依頼されている求人情報しか転職希望者には紹介されません。

基本的には転職エージェントも同じなのですが、ここに転職をしたいという企業があれば、例え求人募集を行っていなくても、そこに転職希望者を推薦して売り込んでくれるというものです。

 

もちろん確実に転職成功が実現出来るという保証はありませんが、自身で売り込みを掛けるよりも、遥かに有利に事が進むことは言うまでもないでしょう。

一般求人サイトで個人的に転職活動を行っていくよりも、遥かに希望の転職先へと入職できる可能性が広がるわけです。

 

二人三脚か個人活動か

転職エージェントは、キャリアコンサルタントと自分との二人三脚で転職活動を行っていく。

一方で一般求人サイトの場合には、結局は個人レベルでの転職活動を行う必要があるという違いがあるのです。

 

個人レベルの転職活動ではうまくいかないからこそ、何かしらのサポートを受けたいというのが、転職希望者の思惑でしょう。

ですから、サポートを受けられる転職エージェントは、お勧め出来る転職活動方法なのです。

 

専門職であれば、そのジャンルに特化した転職エージェントに登録をすべきでしょうし、大手企業を狙っている方ならば、それなりの転職エージェントに。

逆に地元密着の中小企業に転職したい方ならば、それ相応の転職エージェントに登録をすれば、転職成功に導ける可能性が高くなります。

詳しくは、どの転職エージェントを選べば良いの?を参考にしてみて下さい。

 

また、自身のキャリアを通じた現在の市場価値が分からないという方。

他にもこれからのキャリアパスをどうやって形成していけばいいのかが分からないという方であれば、個人レベルの転職活動を行っていくのは不可能でしょう。

例え転職が出来たとしても、納得のいく転職が出来る可能性は極めて低いと考えた方が良いですね。

 

このような状況の転職希望者であれば、やはり第三者の視点での冷静な判断と、高い転職支援が必要だと言えるのです。

[転職エージェントとは]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ