不満から転職を考えている場合の対処法

転職活動に入る前に考えるべき転職理由でお話しした様に、不満があるから転職をするという方は、転職をしても上手くはいかない可能性が高いでしょう。

それは何故かと言うと、転職では即戦力が求められるの記事でお伝えした、企業が転職者に求める物は、即戦力であるからです。

 

あなたが会社へ不満があるという事は、逆に考えると会社側としてもあなたに不満がある可能性も否定出来ないのではないでしょうか。

会社側も、あなたが会社に取って重要な人物である場合は、あなたが不満を感じないように配慮するはずです。

 

少し過激かも知れませんが、それがないと言うことは、会社から見てあなたは実力が不足していると判断されていると考える事も出来ます。

要は、会社にとって重要な人材には不満がないように配慮するが、会社にとって必要のない人材には配慮することはない、ということです。

 

転職に適した人材は、会社から必要とされる人材であることも必須条件であり、即戦力になり得る人材である事。

それを満たしていない方が、転職をしたとしても上手く行かない事は至極当然の事なのです。

ですから、不満を感じる要因を解消してこそ、成功する転職への近道になります。

 

では、その不満を解消する方法を、具体的にお話しして行きたいと思います。

まずは、今の職場であなたの評価を上げる努力をすることです。

 

これは特に「思うように会社からの評価が上がらない」という方に実践していただきたいと思っています。

会社からの評価が上がらないのには必ず原因があるはずです。

その原因を取り除かない限り、今の評価は変わらないでしょう。

 

例えば、会社での成績は良いが「周りへの配慮が欠けている」「時間にルーズである」「事務処理が苦手である」など意外と小さな事が原因だったりもしますので、客観的に自分自身を見直す様にしてみて下さい。

また、社内評価の高い人材が一般市場で評価の高い人材とは限らないでもお伝えしているように、社内価値と市場価値は全く別物ですから、あなたの社内評価だけではなく、市場評価にも目を向ける事も大切になるでしょう。

将来的に転職を考えているのであれば、勤めている会社からの評価だけではなく、その業界の市場で自分がどれ程の評価をしてもらえるのかを知る事も必須になるはずです。

 

そして、あなたが努力し向上心を持って仕事を進めて行く事は重要ですが、評価に対する視野を広げて市場価値を高める様に日々努力する事です。

そうする事によって、自然と社内評価も修正されて行くでしょう。

 

次に、現在の職場内で変化を求める事です。

変化とは、今とは違う部所へ異動したり、職種を変えたりする事です。

具体的にお話しすると、営業部から管理部へ異動したり、営業職から経理職へ変えたりするという事になります。

 

そんな簡単に異動したり、職種を変えたりすることは出来ないという声も聞こえて来そうですが、確かにそうですが、行動に移すことから始めて下さい。

社内異動は基本的に勝手に出来る物ではないので、まずは人事へ希望(異動願い)を出す形になります。

大きな会社では、社内公募などを利用することになるでしょう。

中小規模の会社なら、直接人事部や上司に相談してみることも有効になります。

 

不満から転職を検討している場合は、いきなり転職ではなく現在の状況を変化させてみたり、自分の行動自体を変えてみることから始めて下さい。

こういった事を職場内でチャレンジしてみて、それでも上手く行かなかった場合には転職という選択肢もあります。

 

また、会社が大きければ大きい程、希望が通り辛くなるはずですので、数ヶ月から1年単位で見ていく方が良いでしょう。

そんなに時間をかけるの?と思ってしまいそうですが、転職を考える時はそれ程時間をかけて慎重に考えるべきだと思います。

人生で30年以上は働く訳ですから、その中の半年や1年くらいは実際には短い時間です。

そして、転職は軽く考えるものではなく、人生の大切な岐路であるという認識を持つべきでしょう。

 

次は、初めての転職をしようと行動を移す時に必要な持っておくべき考え方をお話しして行きます。

 

矢印初めての転職で持つべき考え

[転職を考える]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ