初めての転職で持つべき3つの考え

こちらの表は、始めて転職活動をした年齢を表したものです。

初めての転職年齢比率

表を見てもらうと分かるように、25歳をピークに多くの方が20代で初転職を経験しています。

30代では徐々に減少していっていますので、30代は既に2回目以上の転職という方が多くなってきているということですね。

 

初めて転職を考えている方へのアドバイスとしては、【見切り発車をしないで、企業選択は慎重に行い、思い切って判断する】ことです。

  1. 見切り発車をしない
  2. 企業選択は慎重に行う
  3. 思い切って判断する

この3つに付いて詳しく説明していきますね。

 

見切り発車をしない

これは、転職を考える様になってから転職活動に入るまでの過程を言っています。

転職活動に入る前に考えるべき転職理由でもお話しをした様に、転職をする目的を明確にして、転職理由がはっきりとしてから行動に移すことです。

この転職目的や理由をすっ飛ばして、いきなり転職活動に入り見切り発車をしてしまうと高確率で失敗してしまい、後悔をする転職になってしまうので注意して下さい。

 

同時に、確りとした自分が向かいたいキャリアプランを計画立てて、その方向へ向かい転職活動を進めるのが望ましいでしょう。

 

企業選択は慎重に行う

初めての転職の場合は、アルバイトなどを省くと、当然に現在働いている企業でしか仕事を経験したことがありません。

ですから、転職先の企業を選ぶ指標と言うか、指針が明確ではないことが多いでしょう。

何を基準に応募する企業を決めるべきなのかが分からないということです。

 

また、転職において優先すべき内容も明確ではないことが多いはずです。

仕事内容を優先するのか、働く環境を優先するのか、与えられるポジションを優先するのか、給与を優先するのか、人それぞれ優先すべき点は異なって来ますが、上記で上げた【転職をする目的】を達成させるには、何を優先すべきなのかを考えるべきでしょう。

 

転職時にある程度気にすれば良いだけで、後で付いて来る事項もあります。

それが、ポジションや給与です。

この2つは、入社後であっても実力を発揮する事により、与えられるポジションも変わって来ますし、給与も上がる事もあります。

ですので、転職をする際には、後からは変える事が出来ない仕事内容や、会社の雰囲気、休暇、福利厚生、待遇などの事項を優先すべきだといえるでしょう。

 

もちろん、給与やポジションは良いには越した事がないので、企業を選ぶ際のひとつの要因とはなりますね。

これはあくまでも優先する事項でのお話しです。

 

思い切って判断する

転職をする際には、最終的にはどの企業へ移るのかを決定する時が来ます。

その際に、思い切って判断をする必要があるのです。

 

特に初めての転職の場合は、迷いが出る事は必至です。

求人を選んでいる時点や、面接を受けている時点では問題ないのですが、いざ内定の話しが出てきた時に迷いが生じて来ます。

本当に転職をしても良いのだろうか?

複数社から内定をいただいた時には、自分に取って将来的に良いのはどちらの企業が良いのか?

このような迷いが必ず出て来るのです。

 

入社してみて働いてみないと分からない事は多くありますが、その時点で持ち合わせている企業の情報や、自分の正直な気持ちから選択をするのですが、最終的には思い切って判断する必要が出て来ます。

 

ここで迷った挙句に判断しきれず、転職を躊躇してしまう方も少なからずいます。

こういった方のほとんどが本気で転職を考えられていなかった事が原因です。

中途半端に転職をしようと思っても、この様な結果になってしまう可能性もありますから、転職活動をする際には、断固たる気持ちで望む様にしましょう。

 

転職には、勇気を持って前進するという事も必要なのです。

 

次に、転職はあなただけの問題ではないと言うお話しをして行きたいと思います。

 

矢印転職はあなた1人の問題ではない

[転職を考える]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ