転職活動に入る前に考えるべき転職理由

今までに、転職をするビジネスマンの理想像や、年齢別に転職における注意点をお話しして来ましたが、決して転職をしたからといって人生が良くなるわけでもないですし、転職をすべきと言っているわけでもないのです。

転職は、ビジネスマンの武器である事は間違いないですが、その使い道を間違えれば、あなた自身をも傷つけてしまう可能性がある諸刃の剣であることを認識しておきましょう。

 

転職活動を始める前に考えるべき事は多くあります。

そのひとつが、なぜ転職を考えたのか、なぜ転職をするのか、と言う【目的】を明確化させる事です。

 

転職の理由に多いのが、「職場での人間関係の悪化」「会社から地方への左遷」「思うように会社からの評価が上がらない」「今のポジションに満足出来ない」など、会社や上司、同僚への【不満】があげられます。

正直に言って、次の記事の不満から転職を考えている場合の対処法でお話しをしているように、不満で転職を考えている様では転職を成功させるのは難しいでしょう。

なぜなら、不満で転職する場合は、転職の目的は【不満の解消】でしかないからです。

 

不満の解消を転職で行った場合、転職先で同じ様な不満が出て来た時にどうしますか?

転職先で「同僚との仲が上手く行かない」「転職後すぐに地方へ飛ばされた」「上司から評価してもらえない」「ポジションには納得したが仕事に満足出来ない」など、転職前と同じ様な状況にならないとは限らない訳です。

こうなった場合は、再度転職を繰り返すのか?

あなたならどうしますか?

 

選択肢は2つです。

  1. そのまま残って、上手く行くまで努力する。
  2. 再び転職をして不満を解消する。

 

1を選んだ場合は、転職前にそうすれば良かったと思いませんか?

2を選んだ場合は、次の転職先でも同じ状況に陥った時は、また転職を繰り返しますか?

不満での転職は、上記の例はおおげさかも知れませんが、この様な状況になりかねない可能性もあるのです。

 

ですから、不満から転職を考えていると自覚している場合は、いきなり転職を考えるのではなく、まず今の会社で何とかその不満を解消出来るすべがないかを模索しましょう。

入社当時と状況が変わっている様に、今の状況からも変化して行く事は間違いないのです。

ずっと今のままと言う事は考え難いでしょう。

思い出してみて下さい。

入社当時のあなたの仕事に対する意気込みを。

 

では、転職に最も適している転職理由は何なのでしょうか。

私って転職すべき?すべきでない?でも詳しくお話しをしていますが、それは、明確な目的があり、ポジティブな理由です。

「やってみたい仕事があるが現在の会社ではそれが出来ない」「今の仕事を充分に経験出来たので違う分野でも仕事に挑戦したい」「専門的な仕事をして来たが職場を移り更に専門性を増したい」

こういった理由がある場合は、転職をする事を強くお勧めします。

 

もちろん、「業績が思うように伸びずリストラにあいそう」「企業合併により自分の仕事が奪われ居場所がない」など、会社都合による転職も問題ないでしょう。

 

思い付きや、その場の感情だけで動き出すのではなく、一度冷静になって「本当に転職するべきなのか」「転職をする目的は何なのか」を明確にしてから転職活動を開始しても遅くはないのです。

あなたの本当の転職理由は

  • 明確な目的がありますか?
  • ポジティブな理由ですか?

 

次は、現職で不満の解消をする方法を詳しくお話しして行きますので、こちらも参考にしてみて下さい。

 

矢印不満から転職を考えている場合の対処法

[転職を考える]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ