ちょっとした事で身だしなみを想像以上に良くする方法

面接での身だしなみには、細心の注意が必要です。

面接では第一印象が重要になりますので、見た目も採用の評価になるということです。

アメリカでの肥満は、自己管理不足と言われ首になったり、不採用になったりと厳しい状況になっているようですしね。

見た目では判断しないと人事は言いますが、見た目である程度の評価をされていることは間違いないでしょう。

 

上記のリンク先の【面接では第一印象が重要】と被る部分もありますが、再確認の意味も込めて面接当日の身だしなみについてお話しして行きます。

身だしなみ

スーツ

スーツの色は黒か紺が基本で、ギリギリで濃いグレーと言った感じですが、黒か紺が無難でしょう。

転職者の場合は、社会経験もありますので6万円程度のスーツがベストですが、お金に余裕がないという方は、3万円くらいのスーツでもなるべく素材が良く、安っぽくないものを選ぶようにして下さい。

面接官は、スーツのブランドなど気にもしませんから、ブランドに拘るよりも生地の素材や質に拘る方が良いですね。

 

スーツが大きすぎたり、小さすぎたり、体に合っていないのは絶対にダメです。

既成品でも良いですが、確りと自分の体系に合った物を選ぶようにして下さい。

資金に余裕がある方ならオーダーがベストです。

 

スーツの数は、転職活動が長引く場合には、春夏用と秋冬用のスーツが必要になりますので、最低でも2着用意することが基本になります。

あなたに合ったサイズで、ブランドよりも素材の質に拘り、季節に合うスーツを用意すること

 

ちなみに、女性のスーツはスカートでもパンツでもどちらでも大丈夫です。

以前は、スカートが一般的でしたが、今ではどちらでも大差はないですね。

 

靴、鞄、ネクタイ、Yシャツ

スーツにこだわって終わりではなく、靴や、鞄、ネクタイ、Yシャツにも拘ることが大切です。

靴は最低でも2万円以上のものが基本で、長時間歩くこともあるので靴ずれしない物を選ぶこと。

色は、黒が基本になります。

女性の靴は、あまりヒールが高すぎるのとペタンこのものも避けた方が良いですね。

ある程度のヒールがあるものがベスト。

 

鞄も黒や茶系で、面接時には椅子の横へ置くことになるので、単体で立つものが良いですね。

リュックやショルダーバッグなどは、いただいた書類が折り曲がる可能性があり印象が良くないので、避けた方が無難です。

 

ネクタイは、派手でなく落ち着いた色のストライプで、左右対称になる様に巻いて下さい。

 

Yシャツは、白で素材に拘ること。

15000円程度出せばかなりいい物が買えます。

 

小物

スーツに合わせる小物も重要になります。

名刺、名刺入れ、手帳、腕時計、ハンカチーフ、ベルト、ボールペン、などですね。

 

名刺、名刺入れは、必ず持つようにしましょう。

あまり面接で名刺交換をする機会はないですが、もしもの時に持ち合わせていないと大変です。

 

手帳は、普段使っている手帳で良いので、突然、次の面談の予定を聞かれたりする場合も想定して、持っている様にして下さい。

普段スマホを手帳代わりにしている方は、面接用に用意すべきでしょう。

予定を聞かれて、スマホを出していると印象は悪いですね。

 

腕時計は、良すぎず悪すぎずのものを着けて下さい。

少し高価なものにすると多少スーツが安物でも良いスーツに見えることがあります。

ギラギラした時計よりも、革ベルトの時計などシックなものが良いですね。

 

ハンカチは、Yシャツと同じく素材に拘り、少し高価なものが良いでしょう。

高価なものと言ってもハンカチですから、金額は知れていますね。

 

ベルトに関して色は、靴に合わせて下さい。

革を使ったもので、これもバックルがギラギラしたものでない方が良いですね。

 

ボールペンは、手帳にメモを書いた時に見られる可能性がありますから、100円など安っぽいものはNGです。

可能なら数千円かけて良いものを用意しましょう。

最低でも500円から1000円程度のものは必須です。

 

こういった小物を少し高価なものにするだけで、全体の印象が想像以上に良くなるので、1つひとつはそんなに金額ははらないので揃えるようにして下さい。

 

メイク

女性の場合、メイクも気になるところですよね。

化粧においても、濃過ぎだったり、化粧をしないスッピンは避けましょう。

ナチュラルメイクがベストですね。

自然と美しさを際出させるのが面接官の心証は良くなりますので。

 

コート

最後にコートですが、色は黒か茶系のものが良いですね。

ロング丈のコートや、ダウンなどはNGです。

ダウンなどを着て行ってしまうと、せっかくスーツを確りと揃えたのにすべて無駄になってしまいます。

 

また、コートはその企業の中にまで着ては入らないことです。

目上の人にコートを着ているところを見られない様にするのは、社会人マナーですからね。

受付に付く前に必ず脱ぐこと。

そして、会社を出てから着ること。が、基本ですね。

 

ちょっとしたことを気にかけるだけで、身だしなみは想像以上に良くなりますので、ここであげたことにまずは挑戦してみて下さい。

 

続いて身だしなみ繋がりということで、外見に付いてお話しをして行きたいと思います。

 

矢印外見で判断しないというが判断材料にはなっている

[人事の考え]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ