面接での最後の質問「何か質問はありますか?」で面接官の心を掴む

面接の終盤で必ずと言っていい程出てくる「何か質問はありますか?」という問。

この質問に対して、対策をしている人は以外にも少ないようです。

ほとんどの方が

  • 「充分貴社のことは理解出来ましたので大丈夫です」
  • 「特に質問はありません」

などと、質問に対する返答を終わらせてしまいます。

 

最後の質問は転職者主導

面接は緊張とプレッシャーが多くかかりますので、これで最後だ!と思ってしまうと気が抜けて早く終わらせたいという心理が働いているのかも知れませんね。

しかし、この最後の質問は、内容によっては最も重要な質問へと変貌する可能性も秘めているのです。

 

最後の質問以外は、すべて面接官からの質問に、あなたが答えるという形でしたので主導権は面接官にあります。

この質問に対しては、あなたが主導権を握れるたった一回のチャンスなのです。

こんなチャンスをみすみす逃すのは、勿体無いですね。

 

では、ここでどんな質問を返せば良いのかを具体例をあげてお話していきましょう。

 

最後の質問の質問例

  • 「同年代の中途採用者は、どの様な実績をあげ活躍されていますか?」
  • 「私が志望している企画開発部は、具体的にどの様な業務をされていますか?」
  • 「会社に取って、最も必要と思われるスキルは何ですか?」
  • 「入社後に私が即戦力として貢献できるプロジェクトはどの様なものでしょうか?」
  • 「貴社に取っての成功とは、何なのでしょうか?」
  • 「希望部署で同年代社員の1日のスケジュールを教えていただけますか?」
  • 「配属をされる部署の雰囲気を教えていただけますか?」
  • 「貴社で働く上で、私に足りないキャリアは何でしょうか?」
  • 「人事の仕事をしていて、嬉しかった事は何でしょうか?」

 

それでは、1つづつ見て行きましょう。

「同年代の中途採用者は、どの様な実績をあげ活躍されていますか?」

これは、あなたが入社後に同じ様な実績を上げたい、目標に対する意識が強い、ということを伝える意図が含まれています。

面接官に対して、あなたのやる気をアピールすることが出来るのです。

回答に対しての返答は、あなたがその企業に入社して働いていることをイメージして返しましょう。

 

「私が志望している企画開発部は、具体的にどの様な業務をされていますか?」

具体的な業務内容を聞くことにより、事前に何を用意、準備しておけば良いのかが理解出来ますので、面接官には、あなたが入社前に事前準備をしたいという気持ちがあることが伝わりますので、入社意欲があるということを伝えることが出来ます。

 

「希望部署で同年代社員の1日のスケジュールを教えていただけますか?」

これは前質問と似通っていますが、入社後のイメージを面接官にしてもらえるという点ではとても良いですね。

この質問に対しては、回答への返答がとても重要になります。

大まかなスケジュールを聞いて、あなたがどう感じたのかを明確に伝えましょう。

 

「会社に取って、最も必要と思われるスキルは何ですか?」

会社が求めている人材像を明確に知ることが出来ますが、どんな回答であったとしても、あなたがそのスキルを持っていれば、貴社に貢献することが出来ると最大のアピールになるはずです。

会社に取って必要な人材であるというアピールをすることが出来ます。

 

「入社後に私が即戦力として貢献できる規格や業務はどの様なものでしょうか?」

転職において入社後に仕事やチームに馴染むことは、とても重要なことになります。

この質問によって、あなたがすぐに会社に馴染み、第一線で貢献して行きたいという意思を伝えることが出来ますし、即戦力として使える人材、会社に貢献できる人材であるという印象を付けることが出来ます。

 

「貴社にとっての成功とは、何なのでしょうか?」

この質問に関しては、人事ではなく、役員クラスの面接で使える質問になります。

物怖じしないで役員に対しても、接することが出来るということをアピールすることが出来ます。

また、今までの会社で成功にどう貢献して来たのかをアピールすることも可能です。

 

「配属をされる部署の雰囲気を教えていただけますか?」

これは、何かをアピールというよりも、あなたがその部署に本当に合っているのかを測る材料となります。

どの様な雰囲気かを聞いた後は、その雰囲気に馴染めそうかどうかを返答しましょう。

本当に合わなさそうであれば、別に合わせる必要はありません。

 

「貴社で働く上で、私に足りないキャリアは何でしょうか?」

働く意思や、向上心をアピールすることになります。

もし、この企業で不採用となったとしても、あなたに足りないキャリアや資格、経験などが明確になりますので、次に繋げられるので、この情報は有効利用しましょう。

 

「人事の仕事をしていて、嬉しかった事は何でしょうか?」

仕事をする上での【やりがい】や【喜び】を共有することが出来るので、面接官に好印象を与えることが出来ます。

回答に対しては、自分もそういった喜びを味わいたいなど、共鳴することで、一体感を感じることが出来るのでとても重要です。

 

最後の質問のNG質問

最後の質問の質問例を見て来ましたが、では逆に、しては行けない質問は何なのでしょうか?

例文をあげて見ましたので参考にしてみて下さい。

  • 「給与はどれくらいいただけるのでしょうか?」
  • 「残業を行った分は、確りと残業代をいただけるのでしょうか?」
  • 「有給休暇の取得率、消化率はどの程度でしょうか?」
  • 「休日出勤はありますか?ある場合はどの位の頻度でしょうか?」
  • 「面接での通過率はどの程度なのでしょうか?」
  • 「今回私と話してみて印象はいかがだったでしょうか?」
  • 「貴社の離職率はどれくらいでしょうか?」

 

人事が答え難い質問や、給与や福利厚生などの待遇に対する質問選考に対する質問は基本的にNGになります。

また、ホームページや求人票などを、事前に調べれば分かることを質問することもダメですね。

  • 「そんなことも知らなかったの?」
  • 「良くそれで当社を志望出来たね」

となってしまいますからね。

 

また、転職サイトで良く下記の様に、上記に上げたようなNG質問を事前に布石を打てば問題ないと言っているところもあるようですが、人事バカ的には微妙です。

  • 「前職では◯◯時間の残業をして来ましたが、貴社では何時間ほどの残業がありますか?」
  • 「私は我慢強い方ですが、貴社での仕事負担はどれくらいでしょうか?」

 

確かに「今までは残業を多くして来たので問題ないのですが、貴社では残業はどれくらい?」と聞いているので、良いと思われがちですが、結局は聞いていることは「残業はどれくらい?」ですよね。

言い回しは変わっていますが、内容はそのままですから危険と判断すべきです。

 

我慢強いと言っている方も同じで、結局は「仕事の量はどれくらいなの?」と聞いているんです。

これは、布石を打っていたとしても内容は変わりませんので、面接官によっては完全にNGとなる場合がありますので注意して下さい。

 

回答に対する返答が最重要

ここでは、最後の質問に対して、どんな質問をすれば良いのかをお話しして来ましたが、実はその質問自体が重要なのではなく、その質問の回答に対する、あなたの返答が最重要になります。

あなたが出した質問に、面接官が回答してくれた事に対して、感じたことを述べる。

ここでどの様なことを述べるのかが重要と言う事です。

質問だけを考えるのではなく、質問の回答に対してどう返答をするのかを、回答を予測して何パターンか返答を用意しておきましょう。

 

次は、退職率が高ければブラック企業なのか?低ければ優良企業なのか?をお話して行きたいと思います。

 

矢印退職率から見える企業の実態

[人事の考え]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ