外見で判断しないというが判断材料にはなっている

ちょっとした事で身だしなみを想像以上に良くする方法で、身だしなみに付いてお話しをして来ましたが、それに関連して、面接官は、外見で判断しないと言いますが、外見を判断材料としていることはあるというお話しをして行きたいと思います。

どういう事かと言うと、外見でプラス評価されることはないですが、マイナス評価される可能性はかなりあるという事ですね。

しかし、外見で人を判断してしまうと差別ともとらわれてしまうので、表向きに人事の方々は、そうは言いません。

 

「なんだ、外見で判断しないんだ。」と甘く見ていると、実はガッツリとマイナス評価をされている事もあるので注意して下さいね。

身だしなみや、外見でデメリットになることは、お洒落だろうが、個性だろうがしないこと。

これが、面接での鉄則です。

ファッション系、デザイン系企業の場合は、この限りではないですけどね。

あくまでも、一般的な企業に対するお話しです。

 

それでは、人事バカが今まで気になると思ったところを順番にお話しして行きますね。

 

メガネ

メガネに関しては、普通のメガネであれば何の問題もありません。

しかし、色つきメガネや、カラーコンタクトなどは論外です。

面接官は、ある程度の年を取っていることを忘れてはいけません、あなたと同年代の方が面接官として出て来ることは稀です。

同年代だとしても、微妙でしょうけどね。

入社後に、しつけが大変そうだと、まずは思うでしょう。

 

髪の毛

男性女性共に、茶髪など色を染めているのはNGだと思って下さい。

少しでも染めている人は、元に戻すようにしましょう。

男性のロン毛もNGですね。

面接の前までには、着るように!

 

合わせて、髭を生やしているのもダメです。

面接の朝には、必ず剃り残しが無いように綺麗にしておいて下さい。

 

眉毛に関しても、今では男性も剃るなどしている方も多くいますが、細すぎるなど印象が悪くなるようなことは避けましょう。

女性も同様ですが、メイクで何とかなりますので、メイクでカバーして下さい。

 

肌の色

スポーツなどで日焼けをしたのであれば問題ないですね。

むしろ健康と見られますので、ある程度の日焼けは良いでしょう。

日焼けサロンなどで、ガッツリ焼くのはNGです。

独特の色が出ますので、敬遠されるでしょう。

 

アクセサリー

結婚指輪は良いですが、派手な指輪やピアスなどははずすようにして下さい。

男性のピアスは、間違いなく敬遠されます。

女性のネイルに関しては、派手なものは避けた方が無難ですね。

清楚なイメージが湧くような、クリアなどならOKですが、やり過ぎには注意すること。

 

もし、あなたがどれかに当てはまると思うのであれば、面接までに必ず修正するようにしましょう。

冒頭でもお話ししましたが、外見でプラスと評価されることは、ほぼありませんが、マイナスと評価されることは多々あります。

お洒落や個性も大切ですが出すべき場所をわきまえながら、出すようにして下さい。

無駄にマイナスとなってしまっても勿体無いですからね。

 

次は、企業が人材に求める能力に付いてお話しをして行きたいと思います。

 

矢印企業が転職者に求める11の能力

[人事の考え]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ