企業の見る部分を誤らないこと

企業の成長ステージで企業を見極めることとお話しをしましたが、多くの転職者が表面上の部分のみを見て企業を判断してしまっています。

間違っても求人票や、求人広告だけを見て、その企業のすべてだと思い判断しないことです。

企業も良い人材を得ようと必至です。

企業の良い部分だけを見せようと試行錯誤して、求人票や広告を作っているということを忘れてはいけません。

求人票

 

給与

例えば、給与。

経験者は◯◯万円~と記載されていたとしても、各種手当は含んでいるのか、なども注意すべき点です。

また、初任給が良かったとしても、今後の給与の伸びがあるのかどうかも知っておきたい点ですね。

初任給が高かったとしても、何年経っても昇給はなく同じ給与のままでは、同時期に違う企業へ入社した人で初任給がそちらの方が低かったとしても追い抜かれてしまう事は当然です。

ただ、なかなか給与の昇給がどれ程の率なのかなどは、知ることが出来ませんね。

そういった時には、転職エージェントに頼ることで知ることが出来る可能性もあります。

 

業績

他にも表面的な部分だけで注意すべきなのは、業績でしょうか。

今は業績がかなり良かったとしても、数年後も同じ様に良いかというと何とも言えないですね。

企業には、衰退期が必ずと言っていい程来ますので、今の業績にとらわれないことです。

現在では、ITビジネスが急成長していますが、その企業が行っている事業によっては数年で衰退することが分かっていることも多々あります。

最近では、グリーも早期退職を募集したりなど、人員削減の動きも出て来ていますので、現在業績が良いからといって企業を選ばないことですね。

 

休暇

休暇に関しても、有給休暇や育児休暇などありますが、それが実際に利用されている率が重要です。

そういった制度が確りとあるというだけで判断せずに、それがどれ程使われているのか利用率を必ず確認することが重要になります。

ですが、これも面接などで聞いてしまうとアウトという企業も多くありますので、注意するようにしましょう。

 

表面的な部分ではなく、もっと内面的な部分を見ることも重要ですし、その表面的な部分が本当はどうなのかを知ることが判断材料となりますから、調べることが出来るのなら調べるべきでしょう。

ただ、個人ではなかなか知り得ない情報も多いので、そういった場合は、転職エージェントなどを使い上手に選択を出来るようにしておくことが重要です。●

 

次は、働くこととは何なのかをお話しして行きたいと思います。

 

矢印働くとは

[人事の考え]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ