センスのある人間とセンスはないが這い上がった人間の価値

人事はセンスのある人間を好む傾向があります。

営業で言えば、生まれ持った時から感覚的に人の気持が分かるので、営業をするのも簡単に思えてしまう。

そんな人を人事は見逃しません。

 

このセンスというものは、ニュアンスや感覚で物事を判断したりすることが出来ますので、センスがない人と比べると大きな差が生まれることになります。

その結果、成果や実績に差が出て来ることになるのです。

ですから、生まれ持ったセンスがある人間は人事から好まれます。

 

這い上がった人間はセンスのある人間より価値がある

しかし、人事バカ的には、センスがない人間がセンスがある人間と同じ位の能力を持った時には、それ以上の価値があると思っています。

それはなぜかと言うと、センスがある人間は、ある程度の苦労で現在の能力を手に入れていますので、センスがない人の気持ちを理解できないからです。

 

センスがない人が「どうしても、ここでつまずいてしまう」と悩んでいても、何故つまずくのか、何故そこなのか、が分からないのです。

逆に、センスがない人間がセンスがある人間と同じ位の能力を持った時には、同じ様につまずいて来ているので、その気持が理解出来るんですね。

 

要は、センスのある人は、苦労をした経験、つまずいて苦しんだ経験、上手くいかずに悩んだ経験、などの経験値が少ないと言う事です。

それに対して、センスはないが這い上がった人間は、そういった経験を豊富にしているので経験値が豊富ということになります。

 

ですから、人を育てるマネージャー的な存在になるには、センスはないが這い上がった人間の方が向いているということですね。

部下の気持ちも分かってあげることが出来ますし、更に一緒に成長して行くことも可能になります。

 

もちろん、センスのある人間がすべてダメということではありません。

むしろ人事からは基本的に好かれますし、こういった人の気持が分かる方も多くいますし、理解しようと努力をしている人もいるでしょう。

あくまでも、人事バカは、センスのない人間が這い上がった方が自然と経験を積んで来ているので、人を教育するという面では役立つ人材であると言っているだけですね。

 

今自分はセンスがないから、成果が上がらない、上手く業務をこなせない、と思っている方でも諦める必要はありませんし、逆に這い上がってしまえばかなり重宝される人材へと転身することも出来るのです。

今の状態を悲観するのではなく、チャンスと思い這い上がってみて下さい。

諦めずに続ければ必ず成果は出てくるはずですから。

 

経験は転職において武器となる

転職においてもその成果は武器となります。

面接で「私自身が這い上がって来た経験があるので、人の気持が分かる」と話せば良いのです。

物事を進めていれば、必ず壁は表れますし、その壁はほとんどの人が経験することになります。

その障壁を越えて来た経験を活かして、人を育てることが出来ると武器にするのです。

 

今苦しんでいることが、後々の財産となることは間違いありません。

それがどんな壁だとしても、乗り越えることが出来ないことはないので、精一杯努力してみて下さいね。

 

次は、面接の終盤で投げかけられる「何か質問はありますか?」に対する質問に付いてお話しをして行きたいと思います。

 

矢印面接での最後の質問「何か質問はありますか?」で面接官の心を掴む

[人事の考え]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ