不採用となった企業へ再度応募可能なのか?

唐突ですが、転職に不採用という言葉は付き物です。

転職を行ったことがある方なら、誰しも一度はこの不採用を経験したことがあることでしょう。(自分に取って安全牌の企業や、能力が高い方は未経験かも知れませんが)

その不採用が、第三希望、第四希望の企業ですらショックを受けるのに、第一志望の企業だった場合のショックは大きい物に違いありません。

 

しかし、落ちた企業の中にはどうしても入りたかったと、思う転職者の方は多いのではないでしょうか。

そこで、今回は一度不採用となった企業へ再度応募することは可能なのか不可能なのか、というお話しをしてみたいと思います。

 

不採用理由と企業の規定

不採用になる理由としては、企業が求める人材と転職者がマッチングしないからですが具体的には、

  • 企業が求める経験の不足
  • 企業が求めるスキルを満たしていない
  • 企業が求めるキャリアに合致しない
  • 採用に至らない欠格事由がある

といったところでしょうか。

最近では、会社風土に合わないなどもあるかも知れませんね。

 

これらをクリア出来ていないから不採用となるので、不採用となった時と同じ状態のまま再度応募したとしても不採用の繰り返しになることは間違いありません。

そして企業には、それぞれ再応募に関する規定が定められていることが多いのです。

不採用となった日から、1年経過後に再応募可能などですね。

 

企業としても同じ人から何度も応募をされると無駄な時間を使ってしまいますから、この様な規定を定めているのでしょう。

少なくとも1年以上は違う経験を積んでキャリア形成して、不採用となった時から成長があれば再度検討しますということになります。

逆に言うと、その規定された期間を過ぎれば再度応募することが可能だということです。

しかし、先程も言いましたが不採用となった時とあなたの状況やレベルが何も変わっていなければ、不採用が繰り返されますので、なぜ不採用となったのかということを考えて、それを克服することが必要になります。

 

ちなみに、基本的には企業側は、なぜ不採用にしたのかを明確に提示はしてくれません。

自分自身で何が足らなかったのか、何がいけなかったのかを分析しなければならないのです。

そんなこと自分だけでできるのか?と不安を持つ方は、転職エージェントを使うという手もありますので、検討してみも良いでしょう。

(転職エージェントでは、キャリアコンサルタントを通して応募から合否通知を行うので、不採用になった経緯や理由が浮き彫りになりやすいという特徴を持っています。)

 

経験が不足しているのなら、更に再応募したい企業に求められる経験を積めば良いですし、スキルを満たしていないのであれば、新たな技術を修得するために新しいことにチャレンジするのもいいでしょう。

この様にキャリアを積み上げたり、資格を新たに取得するのも良いですね。

要は、あなた自身を成長させるということです。

 

欠格事由がある場合は、あなた自身の中身を変えるしかありませんので、その欠格事由に合わせた対応が必要になって来るでしょう。

例えば、社会人として常識的な挨拶ができていなかった、などであれば面接の時だけ挨拶をするように取り繕うのではなく、常日頃からきちんと誰にでも挨拶を確りとすることです。

面接官は、多くの人間と会い評価していますので、作られた行動なのか自然と出てきた行動なのかの見分けを付けるのは容易です。

逆に言うと、あなたの行動はすべて見透かされていると思っていた方が良いということですね。

 

チャレンジ精神は個性!

多くの方が一度不採用となった企業に再度応募するという行為はしません。

なぜなら、不採用を繰り返すことになるという不安があるからです。

しかし人事バカは、一度不採用となった企業へ再度応募するというチャレンジ精神は絶対に必要だと思っています。

 

転職では、他の人と同じことをしていても同じような結果しか出ません。

他の人がやらないようなことをするから、他の人と違う結果が出て来るのです。

 

企業の採用担当者としては、一度落ちたのに再度チャレンジしてくる転職者をどう思うでしょうか?

もし、人事バカの会社へそういう人が来たら、あまりにもこちらが求めている人材とかけ離れていなければ、良い根性だと高く評価しますね。

だって他にそんな人いないのですから、目立ちますよ。

 

現在の企業は、みんなと同じことを出来る社員を求めているのではなく、個性に溢れ新たな発想を生む人材が求められていると内定がもらえない人は7つの同じ特徴を持つ!?でお話ししましたね。

まさに、このチャレンジ精神は個性です。

あなたの個性を明確に示すことが出来るチャンスでもあるのです。

 

再応募の際に「1年前に御社へ応募させていただきましたが、残念ながら2次面接で不採用となってしまいました。しかし、不採用後も御社で働きたいという気持ちが消えなかったために、御社規定である1年経過後に再応募させていただきました。この1年で新たに○○の技術を習得、○○の資格も取得し、今度こそ御社に貢献出来ると思っております。」この様な言葉を言われれば企業側として悪い気はしませんし、あなたに興味が出るでしょう。

この時になぜ1回目は不採用とされたのか、自分で分析した結果を提示しても面白いかも知れませんね。

 

転職エージェントを利用した再チャレンジ

ここでひとつ転職エージェントであるDODAを利用した際に、実際にあったお話しをしたいと思います。

メーカー転職希望の経験豊富な30代女性Rさんが、転職エージェントを通してメーカーA社へ応募、無事に書類選考は通過し1次面接へ、A社の面接官も良い反応、そしてRさんも面接を終え「このメーカーへ入社したいという熱意も更に高まった」と考えていました。しかし、数日後に届いた通知は不採用という結果。

転職エージェントの担当キャリアコンサルタントは、A社に不採用の理由を確認したところ、面接後にある経験が足らなかったと説明を受けました。

納得をすることが出来なかったRさんとキャリアコンサルタントは、新たにその不足していた経験を補うことができるような志望動機書を作成してA社へ、再検討していただいた結果不足していた経験も充分カバー可能という判断をしてもらうことが出来、Rさんの熱意も伝わり、再度面接して無事に採用となりました。

※この内容はDODAサイト内で紹介されていた内容を、人事バカが再編集したものになります。

 

これは、まれなケースですが、転職エージェントを使っている場合は、担当キャリアコンサルタントの行動力により、この様な場合もあるということです。

この事例は、不採用となってから企業の規定期間を待たずに再チャレンジ出来たケースになります。

 

不採用のデメリットは企業と転職者共に可能性はある

企業側の不採用規定に引っかかったからといって、企業側としても転職者としても本当に不採用でメリットとなるのか?

その辺りを人事バカは疑問に感じます。

  • もう少し、自分のことを理解してもらえれば採用となったのではないか。
  • 後ちょっと時間があれば不採用事由を払拭できたのではないか。

この様に思うのです。

 

ですから、面接では自己情報の開示を確りとして出しきることが、とても重要になります。

投げかけられた質問に対して、真正面に答えるだけではなく、回答にあなた自身のことを織り交ぜて行くことも必要ですね。

 

上記の事例は、結果的に採用ということになりましたが、不採用の状態で食い下がってしまっていた場合は、そこで不採用となり終わりでした。

不採用のままで終わった場合は、企業側、転職者側共にデメリットしかなかったのではないかとも考えることは出来ます。

しかし、個人で応募している場合は、この様に不採用となった後すぐに逆転することは不可能でしょう。

転職エージェントを通していても、こんなことは滅多にないでしょうが可能性はゼロではありません。

そういった意味では、転職エージェントを通して応募するメリットは大きいのではないのかとも思えます。

 

企業へ再度応募する形はそれぞれですが、不採用となった後に採用を勝ち取ることは不可能ではないということを理解していただけたかと思います。

もし、第一志望の企業から不採用の通知を受け取ってしまった場合は、参考にしてみて下さいね。

 

[Topics]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ