転職に失敗する人は転職エージェント選びに失敗している

今や転職をする際には欠かせなくなっている転職エージェントですが、そのエージェントを利用したとしても転職に失敗している方も多くいるのは事実です。

それは、自分が希望する業種や企業に深く精通していないエージェントを選んでしまっているからなのです。

 

  • 転職エージェントを選ぶ際は、どの様に選びましたか?
  • 何となく選んでいませんか?
  • 多くの転職エージェントを綿密に比較しましたか?

 

ほとんどの方は、

  • 有名な名前だったから。
  • 大手だと安心出来るから。
  • 何となく。

と、深く考えもせずに転職エージェントを選んでしまっているのです。

転職エージェントの選択

 

転職は人生の大切な分岐点です。

これからの人生が大きく変化して行く可能性も秘めた重要な選択になります。

しかし、企業を選ぶ際には慎重になるのに、転職エージェントを選ぶ際は、慎重に選ばない方が多いのが現状です。

 

それでは、なぜ転職エージェントを慎重に選ぶべきなのかをお話しして行きましょう。

 

転職エージェントでは、求人情報の80%が非公開求人となっていますが、それは企業が直接転職エージェントのキャリアコンサルタントに人材を選別して欲しいというのがひとつの理由です。

よって求人を預かる際にキャリアコンサルタントは、企業に対してどの様な人材を求めているのかヒアリングを行います。

その為に、キャリアコンサルタントは、その企業がなぜ求人を出しているのかという求人の裏側を理解しているのです。

 

  • 「事業拡大の為に求人を出している」
  • 「離職者が出たので欠員補填の為に求人を出している」
  • 「新規プロジェクト立ち上げの為、専門的知識を持った人材を求めている」

など、求人をだしている詳細理由を知っている事が多いということです。

 

求人を出している企業と長期に渡り付き合いがあるエージェントでは、応募をしているポストの過去にまで知識を持っているキャリアコンサルタントがいる事もあるのです。

更に詳しいキャリアコンサルタントは、今までどんな人材がそのポストを歴任して来て、そのポストにいた人材はどの様なキャリアを積み、現在どうなっているのかなども把握しています。

求人情報や企業サイトには掲載されていない、まさに生の声を聞くことも可能になるのです。

これは、長い付き合いがある転職エージェントならではの武器であると言えるでしょう。

 

面接でのタブーや求める人材像を把握

面接を受ける上では、面接官がタブーとする発言や行動というものがあります。

それは、それぞれの企業や面接官により違いますので、共通して対策が出来るものではないと言えます。

 

例えば、「いつかは独立して自分の城を持ちたいと考えてるよね?」という質問に対して、「将来的には独立してみたいという夢はありますが、まだまだ力が足りないので自分自身をもっと磨いて行きたいです」なんて答えると向上心のある人に見えなくもないですが、経営者側とすると、「実力が付けばその時に退職します」と言っている様なものなので不採用となる事は当然だと考える企業もあるのです。

その逆に、独立心は常に社員には持っておいてもらわねばと、考える企業の経営者もいます。

 

この様な、その企業にある独特の考え方は、長い間その企業と付き合いがあり、深く精通していて、実際に経験をして来た転職エージェントでしか分からない事なのです。

そういった面接に対するタブーを事前に把握することによって、他の転職者と比べて有利になります。

 

また、求める人材像も企業により大きく異なって来るので、面接対策はその企業に合わせて行う事が必須になりますが、これも豊富な経験を積んだキャリアコンサルタントが勝機を握っていると言えるでしょう。

以前にその企業へ紹介した人材が、どの様なところがマッチして採用されたのか、など蓄積された知識があるエージェントの場合は、企業が求める人材像は手に取るように理解しているのです。

 

ただ、冒頭でお話しした様に、転職エージェントを深く考えずに選び利用している場合は、この有利な状況は作る事が出来ないでしょう。

どのエージェントでも同じ様に、企業の知識を持っている訳でもないのです。

エージェント自体を把握して、どの業種に強く精通しているのか、どの企業と長い付き合いがあるのか、などを比較して慎重に選択するべきなのです。

 

企業も転職エージェントを選択している

転職者が転職エージェントを選択するように、求人を出す企業も転職エージェントを選んでいるのです。

 

歴史の浅いエージェントや、幅広く求人を扱うエージェントに求人を出す際には、多くの人材を集めてもらい同時にグループ面談などを行いふるいにかけて、2次面接3次面接と最終的な判断をして、重役は、最終面接で出てきて採用者を決定するという流れになる事が多いのです。

それに比べて、歴史の古いエージェントや、専門性を持ったエージェントに求人を出す際には、質の高い人材を少数集めてもらい、いきなり重役が出て来て採用を決定してしまうなど、使うエージェントによって根本的な採用方法を変えています。

これは、質の高い人材は他の企業からもオファーをもらう確率が高い為に採用方法が違うのですが、転職者からすると大きく立場(転職者優位)が違って来る事は間違いないですね。

 

確かに後者の場合は、転職エージェントに登録した時点である程度ふるいにかけられてしまいますが、実力がある方や、自信のある方は、こちらの方がスムーズに転職活動を進める事が出来るでしょう。

 

あなたが興味のある業種や企業に強い転職エージェントを選び、その業界に精通しているキャリアコンサルタントが担当に付くことにより、大きく転職の幅が広がり有利に進める事が出来るのです。

この様に、どの転職エージェントを選択するのかは、転職活動においてとても重要になるので、慎重に選び抜くべきでしょう。

[Topics]

サブコンテンツ

専門型転職エージェント一覧

arrow_black JAC Recruitment

外資系企業

arrow_black マイナビエージェント×IT

IT業界

arrow_black @Agent

フリーエンジニア

arrow_black メイテックネクスト

エンジニア専門

arrow_black クリーデンス

アパレル専門

arrow_black ウーマンウィル

女性専用

このページの先頭へ